Violent Sohoが素敵です、というお話。

今日は艦これのメンテ日で若干テンションが低かった綾瀬です。

でも改二実装された木曽さんがかっこよすぎて白目です。どうしてこうなった。

 

最近、集中しなければいけない作業が増えまして、会社では雑音をカットするべく音楽を聞き始めました。(普段は常に周りの気を配って即レススタイルが私のモットーなので)

 

iTunesで気になる音楽を即ダウンロードできる便利な時代になりましたね。

ダウンロード販売の是非については、別に機会に譲るとして、昨日今日とポチポチやったバンドの紹介でもしたいと思います。

 

まず54-71です。

ただいま実質的に活動休止状態で、非常に残念なバンドですが、たまらなく好きです。

またライブみたいなぁ。

 

次はElectric Presidentです。

このアルバムがとっっっても好きで、未だに鉄板。

夜のBGMに最高なんです。

この曲が1曲めなんですが、たまらないんですよ……。

ふわっと始まり、穏やかに流れるようなメロディと温かいスネアの音。

からの後半の柔らかい疾走感!

というわけで他のアルバムも聞いてみたかったんですが、買ったのはこちら。

アルバムのタイトル通り、よく眠れそうな感じなのかしら……と聞いてみましたが、正直持っているアルバムのほうが好きでした。

アルバムっていう作品単位は、本当に難しいなと考えさせられます。

 

最後にViorent Sohoです。(wikiが英語版しかヒットしませんでした……。)

このバンドは、以前友達から薦められていたのですが、その時に見たこの曲がとても刺さって。

90年代オルタナティブ/インディー界隈が大好きな私としては大好物なわけです。

またこのベタベタなまでのルックスもたまりません。

というわけで二枚買っちゃいました。

感想は、どちらも大好きでした!

さらっとつるっと最後まで聞けるこの感じ。これは引っかかりがないという意味ではなくて、どの曲も心地よく私のオルタナ心を刺激してくれる良曲ばかりだったということです!

いやぁ、ギター弾きたくなっちゃったなぁ。

 

すごくさらぁ~っとした紹介でしたが、今はiTunesでほぼ全曲試聴して購入できる時代になりました……。

気になったあなた、少しでも聞いてみてくれたら嬉しいです。

 

 

以下、綾瀬の、綾瀬による、綾瀬のための今後の(きっと来年になるであろう)執筆予定。

CDレヴューしてる暇あったら消化すれば?というご意見は聞こえないふりします……(震え声)

 

・東浩紀さんのフクイチ本のイベントへ行った感想。

・家入一真さんの「もっと自由に働きたい」の感想の続き。

・津田大介さんの「メディアの現場」の感想。

・さやわかさんの艦これテーマのトークイベントの感想。

・昔流行った「100人の村」について、フォロワーさんと約束してる記事

・森見登美彦さんの「夜は短し歩けよ乙女」の感想。

・そろそろ艦これについて一度記事にしてみようかな。

・自炊代行使ってみた!→データが入稿されました!

・家入一真さんの「こんな僕でも社長になれた」の感想。

・不可思議くん、について思ったこと。

・バカテスも読まなきゃね。→新刊届いた!

・コンプティーク読んでみた感想。

・村上祐一さんの「ゴーストの条件」を読んだら感想。

・ソーシャルゲームと二次創作を考察する

・「鎮守府のすすめvol.2」買いました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.