Twitter始めて、7年になったそうです。

いきなりぼやいてて草。

私のTwitter人生、始まりのツイートがこれって。
いろんな意味で、私という人間を象徴しているので何もいいませんが、もうちょっと可愛げがあってもよかった思う。
7年前でこれなんだから、今の私に可愛げがあるはずもない。

Twitterを開設した頃は、まだゲーム会社の正社員として働いていた時期でした。
ぼんやりと会社を辞めることを考え始めていて、師匠に相談しつつ決意を固め、独立に向けていろんな準備をしていた中の一環だったのを記憶しています。

それからざっくり半年後に会社を辞め。
フリーランス生活に突入して今に至ります。

思えば師匠のお陰もあったりで仕事が途絶えたことはなかったし、なんなら忙しすぎてTwitterの更新はしていなかった時期が2~3年あったような気がします。
(創作をお休みしてしまっていた期間とほぼイコール)

なんか、そういう=自分ということには折り合いをつけた気になっていて、この仕事のままいくんだろうなーなんて日々を送っていましたが、人生わからないものだし、「ずっと続く」ものなんてないんだなって思いました。

そうして今、配信者として覚醒し(いいふうに言うな)毎日楽しく暮らしているわけですが、昨日、配信スタートのツイートをしようとしたタイミングでTwitterさんが突然「今日で7年目やで」とか言うものなので、思わずうろたえてしまいました。

7年前、Twitterを始めた頃の私はまだ胸を張って言えるくらいには若くって(草)希望に満ちてキラキラしてました。
それから始めたブログも何もかも、無謀で考えなしだったけど勢いがあって。
そういうのを思い出してしまって、ちょっとね。

でも今の私も、結構勢いがある。
見た目も可愛く生まれ変わったので(こういうときくらいそう言ってもバチはあたらないですよね)正直日々気分もいいし、少しずつ少しずつ結果が出ている感じも嬉しいし、仕事は相変わらず暇とは言えないけど、充分楽しんで生きていれてるなと思います。

最近は告知ばかりの私のタイムラインですが、あの頃に比べて、いいねやリツイートの数がちょっとずつ増えていて、毎日ありがたいなと思って眺めています。

大半は崩壊3rdという素晴らしいゲームの虎の威を借りているお陰なのですが、それでもやっぱり。反応していただけるのは嬉しいことです。

それなりに大きいタイトルの裏で仕事をしてきた私ですが、歯車でありパーツだったわけで。
それに意義も感じてきたし、感謝もしていますが、結局私が「何者か」になる手助けにはなりませんでした。
意識してそう立ち回っていたところもあるんですけどね。

だから今は、何者かになりたい。
そのうえで、何かをお届けしたい。

大きなことはできないので、手の届く範囲での勝負になりますが。
これからも地道にやっていきますので、どうぞよろしくお願いします。

年齢を予想していただくのは構いませんが、私は絶対に答えを言いませんので、配信のコメント欄での年齢いじりはしないでくださいね!!!約束!!!!フリじゃないぞ!!!!

以上、でもわりと本気で、これから年齢も性別もバーチャルワールドで融解してしまう日が来ると思っているayaseでした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください