Can you feel? と、いうお話。

久しぶりに大きな会場でライブを見てきました。

the pillowsです!

来年でなんと結成25周年迎える、大、大、大ベテランです!

→the pillows HP

 

行ってきたのは、Zepp Tokyo。

the pillows TOUR 2013 “LOSTMAN GO TO CITY”のファイナルです。

一緒に行った友人から聞いた話では、毎年年末くらいにやっている、シングルを発売した時に行うツアーだそうです。

シングル曲は必ずやるけれど、それ以外は、普段のアルバムツアーではやらない曲が聞ける、人気のツアーなのだということでした。

私は俄然『インスタントミュージック』狙いでしたが、そちらは聞けませんでした……笑

でも本当に素晴らしいライブでした!

 

pillows、ちょっとの間休んでいたんですよね。

20年以上も活動しているんです。なにかないわけ無いと思います。

でも、こうしてまた戻ってきてくれた。

山中さわおさんのアンコール後のMCが全てだと思うんですが、またきちんとpillowsをやる理由を胸に、皆さんステージに立ってくれたんだなと、思いました。

 

安定の演奏と、愛にあふれたバスターズ(pillowsファンのこと)の一丸となった盛り上がり、いつ見ても圧巻です。

(私は二階席で座りながらじっくり見させて頂きました)

さわおさんの面白いながらも、緊張感の溢れるMC。

さわおコールが起きながらも、しばらくすると会場が静まり返る感じ、バスターズは教育されているな、と思いました笑

 

知らない曲は数曲で、あとは全部知っていたので、ばっちり楽しめました。

特に、印象に残ったのは『都会のアリス』ですね。

MVに出演しているアリス役とトランプ役の子が登場、子どもとは思えない激しいダンスを披露していました!

小学校3年生くらいじゃないかなぁ……?

二人共かわいい衣装なのにサングラスで、とにかくバキッバキに踊ってました。

なんでも、EXILEのスクールの子達なのだそうです。

さわおさんも、生で見るとなかなかすこいでしょう?的な事を言ってましたが、まさに圧巻でした。

子供ができたらダンス習わせたいな……。

踊れるようになったら撮影して、モデリングして、MMDで私が作ったキャラクターを踊らせよう!

……と一人で妄想しておりました。

 

そしてダブルアンコールの最後は、不朽の名曲『ハイブリットレインボウ』でした。

ベタですみません、もぐりと言われるかもしれないですが、この曲が一番好きなんです。

ちなみにアルバム8割持ってるんでもぐりじゃないよ!

 

曲も素晴らしいけれど、歌詞が本当に、好きなんです。

pillowsは、本人達も語るように、けして順風満帆だったバンドではありません。

長くつらい時期を経て、今、真の意味で日本を代表するロックバンドだと思います。

さわおさんのストイックさ、音楽に対する真摯な姿勢は本当に尊敬できます。

そんな彼の想いが、本当に詩世界には反映されていて。

ハイブリットレインボウは、そんなつらい時期の曲だったんだろうなと思います。

 

でも、けして諦めず前を向き続けたpillowsだからこそ、この曲は本当の意味で輝いているし、それに救われる人達が沢山いるんだろうなと思います。

 

さわおさんのギターと、「Can you feel?」と会場に呼びかける、いつもの光景。

二回目の「Can you feel!?」で、バンドの演奏が始まる……。

優しく静かに包み込むようなメロディから、爆発的に明日に向かうサビ、会場にあふれる高揚感。

いつ聞いても、素晴らしい曲です。

 

Can you feel?

Can you feel that hybrid rainbow?

ここは途中なんだって信じたい

I Can feel.

I Can feel that hybrid rainbow.

昨日まで選ばれなかった僕らでも

明日を持ってる

-the pillows『ハイブリットレインボウ』 作詞/作曲 山中沢男 より抜粋-

 

また、来たいな。

明日へのパワーを頂きました。

the pillows、ありがとうございました。

これからも応援しています!

 

来年は、25周年ということで、トリビュート・アルバムを始め、企画が盛り沢山だそうです!

是非一度、聞いてみてくださいね。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.