私が配信を始めた理由。

最近一日がとても早く感じます。

この書き出しを書いた今、PCの時計はちょうど0:00を刻みました。
いつもなら、「そろそろ配信はじめなきゃ、また寝るのが遅くなるな」と思いはじめる時間です。

そうです。ayaseは令和2年1月1日より、配信者になりました。
Mirrativというアプリであり配信プラットフォームで「miumiu」という名前で。ユーザー名でかわいこぶるなって? ごめんなさい、反省してます。

もうすぐはじめて2ヶ月が経とうとしていますが、だいぶ慣れてきました。
前は、配信開始を押すたびにしたものですが、近頃ではさくっと始められるようになりました。成長。しかし可愛げはロスト。

ただ、次の目標はYouTubeにコンテンツをUPすることです。
いわゆる、YouTuberというやつに、私はなるのです。本当です。そう決めたのです。準備中です。

なんでまた、そんなことをと思われるかと思います。
いいえ、違う。誰もそんなことは思っていないでしょう。

当然です。誰も私のことなんて、知らないのですから。

コミケに参加をしていた数年前、私は毎日のように真面目にブログを書き、Twitterをし、活動めいたことをしていましたが、全くの無名でした。
誰にも、届いていなかったからです。

道端にメッセージを残しても、ほとんどの人が気づかないように、作品や発言をWEBに置いておいたって、誰も見向きもしないのです。
それを拾って、駅前の看板にでも誰かが張ってくれたら別でしょう。
ただ、それを待つのはあまりにも不毛というもの。

そんなこと、わかっていると思っていました。
でも、まったくわかっていなかったなと思います。
心のどこかで、地道にやっていれば誰かが振り向いてくれると思っていたのでしょう。情けない限り。

ここで、ではプロモーションとはという話を!

……しません。まあ、この手の問題はそういう話に帰結していくんですけど結局は。
今日したい話はそれではありません。

私、ayase miuには人生があって、生まれて今日まで築いた価値観があって、性格があって、少なからずの実績があります。
好きなものがあって、嫌いなものもいくつかあり、得意なことがあるけれど、苦手なことも当然あります。
そして、夢もある。

でも、そんなことは誰も知らないし、おそらく知りたいとも思っていない。
それは、その人たちにとって私が、何者でもないからです。
生きていく上であまりに関係がなく、関心がない、どっかの誰かさんだからです。

だからまず私は、何者かにならなければならない。

興味を持っていただき、知っていただき、あわよくば好きになっていただき、応援したいと思える個性にならなければ。なりたい。

その先にやっと、スタート地点があるのです。

耳を傾け、体を向け、お前の話を聞いてやると思ってもらうことでやっと、私という人間はそのすべてをコンテンツにすることができる。

これから生まれるかもしれない作品を手にとっていただき、愛していただくために、私はもう一度、いや初めてしっかりとayase miuにならなければならないと思ったのです。

……結局、やっていることは地道です。でもそれが正常。
お仕事では一晩にして数字がエベレストのような急勾配と標高を描くさまを何度も見てきました。
でも、一個人が起こす行動にそんな奇跡は伴いません。

そもそも、人様に好きになっていただくなんてことがそんな簡単なはずもなく。
ましてや一日で数百人もファンが増えるなんてことは滅多にないのです。

付け加えて言うならば、そんな出来事があったって、その数百人って本当にファンなんだっけ、とも思ったりします。

JCでもJKでもJDでもOLでもないので華も武器もなく、顔出しするほどのルックス戦闘力もなく、かわボでもなく、なんなら一丁前にフリーランスを7年やっている可愛げ0、ぴえんのぴの字もない根性だけは人並みよりちょっとある何かな私ですが、夢があります。大事なことなので二回言いました。

それを叶えるために、私はayase miuとして何者かになる必要性を強く感じているのです。

これが、私が配信者になった理由です。

以上、今日たぬきを見かけてかわいいなーと写真を撮ったんですが、帰って自宅の猫姫様を見たらこの子ってばたぬきみたい! と思ったayaseでした。

みなさま、良い夢を。


ここからまた、始めようと思います。

大変ご無沙汰しております。
お久しぶりです。

どちらの表現も正しいので、どちらを選んだものかと思案した結果、どちらも並べてみました。
実に、3年ぶりの投稿になります。
最後の投稿が年始の抱負で、そこで事切れたかのようにすべてが途切れてしまっていることに得も言われぬ哀愁を感じます……。

気合を入れたC92には結局参加することができず、師匠が代わりにコピー本を出してくれて事なきを得ましたが、それまで。
「忙しい」というやつに飲み込まれて、気づけばこんなに時間が経っていました。

もちろんこの3年間、お仕事は充実していた、と思います。
それまで文章を生業にしていた私が、想像もしなかった世界をのぞかせていただき、新たな時代への希望や創作の可能性を感じることができたのですから。
(一応、師匠にこの場を借りてお礼を言っておこう)

ただ、そんな中でふと私の中に湧いた思い。
それに、忠実に生きたいと思ってしまった2019年後半。

そんなわけで、随分と遠回りをしましたが、戻ってまいりました。

そろそろ自分のための文章を再開しないと、と思いたち急ぎ足で書いているので整理がついておらず、とりのめのないことしか今は書けないのですが、大きく変わったことを一つご報告いたします。

配信者デビューしました!

私は、お世辞にも優れた見た目をしておりませんし、人前に立つようなことは極力避けて来た者です。
一丁前に音楽とかやっていた時期も実はあるのですが、早々に離脱してしまったのは、諸々の自信のなさゆえです。
そんな私に、可能性を見せてくれたのがバーチャルYouTuberという新たな文化でした。

その存在についての説明や議論は他に譲り、一般的に流布している機能の話だけをさせていただくならば、私のような見た目に自信がない存在でも、今世にて新たな姿を得て世に出ることができるのです。すごい。

実は声にも自信がないということは、もはやぐっと飲み込んで、令和2年1月1日より、Mirrativにダイヴしたのです。
大事なことなので2度言いますが、声に自信はないですが外見を晒すことに比べれば、恥も外聞もなくなんとか進めると思ったので、年始の勢いで新しい私とやらに挑戦しました。

そして、なんとか今日まで続いております。
忙しさを理由に離れてしまっていたゲームを「配信」という大義名分のもと再開することもできましたし、まだ素人に毛すら生えていない私の配信を見に来てくれる方に支えられて。
お陰様で、最近楽しく生きております。

ただ、これはまだ入り口なのです。
私は、私としての存在を、世にアピールすることを決心しました。
そのための配信者デビューであり、このあとYouTubeにも殴り込み、もといお邪魔させていただく所存です。

もう一度、自分の作品を世に発信していきたいという思いがありますが、もう一つ。

音楽、もっかいやりたいのです。

いまさら真面目に歌とかやってます。間に合うかどうかはわかりませんが、間に合いたい、今世に。

つくづく実感したのは、私は曲がりなりにもクリエイターというやつだったし、それに胸を張っていきたいと思ってしまったのでした。
そう思って仕事辞めたはずだったんだけど、いつの間にやらまた、何か違うものになりかけていました。

「面白いことやって生きようぜ」という、相変わらず超無責任だけどなんか重い師匠の言葉にも後押しされて、私はこの文章を書いております。

何度目の宣言なのかわかりませんが、挑戦させてください。
これが最後になるかもしれないので、今度こそ、全身全霊で。

どうぞ、今後ともayase miuをよろしくお願いします。

以上、師匠に「画数悪いから漢字変えなよ」と言われて、すっごくいい画数の「あやせみう」を見つけたけど、全然字面が可愛くないので、ローマ字表記に逃げた、ayaseでした。