『津田大介の「メディアの現場」 vol.140』 を、読みました。

津田大介さん(@tsuda)さんのメルマガである、『津田大介の「メディアの現場」』を購読している綾瀬です。
「積ん読」状態の津田マガをしっかりと読んでいくために、一日一マガを心に刻み、津田マガ月間に入った3~4日目!

昨日はちゃんと読みましたが記事にする時間が取れませんでした……。
三日坊主って、なんだか魔力的な根拠がある気がしています。

とか言っているうちに明日は金曜日だからまた新しいメルマガが詰まれるわけです……。

 

~津田大介の「メディアの現場」 vol.90~ 2013.10.3

Don’t lose your temper

津田さんによる、メルマガの書き出し部分。今回は津田さんのメインノートPCを変えたというお話。

津田さんはPanasonicの「レッツノート」を使っていることで知られていますが、「SX3」というモデルから「MX3」というモデルにしたんだそうです。

その理由は「スリープ状態から復帰したあとネットに接続するまでに時間がかかる」というのが不満だったからなんだとか。
これ、ものすごくわかります!

私も現在フリーとしてお仕事をしていて、ノートPCはまさに持ち運ぶものなのですが、同じような現象にイライラすること多々あり……。
ちなみに私、Lenovoなんですが。

そんな悩みをこの「MX3」に搭載されている「Instant Go」が解消してくれるとのこと!
スマフォのようにスリープから高速で復帰、スリープでもネットに接続したままにできる技術、なんだそうです。

使ってみて、まさに文字通りの感触で、とっても調子よいということでした!
ちょっと気になるなぁ……。
ちなみにVAIOでも対応機種あるそうです!

 

01、メディア/イベントプレイバック 《part.1》
◆メディア・イノベーションがもたらす社会――梅田優祐×尾瀬傑×藤村厚夫×津田大介

急激に勢いを増す、ネットメディアの旗手の方々の対談、と言う感じでしょうか。
梅田さんは「NewsPicks」、尾瀬さんは「現代ビシネス」、藤村さんは「SmartNews」、をそれぞれ背負っている方々。

特に私の知っている範疇だと「NewsPicks」「SmartNews」は、最近飛ぶ鳥を落とす勢いの、キュレーションメディア界で頭一つ飛び抜けた存在です。

それぞれが語るこれまでの経緯や今後の展望、そこからメディアがこれからどう変わっていくかという話に発展し、とても読み応えのある記事でした。

中でも私がやはり興味深かったのは、キュレーションメディアに対する、風当たりの話。
当初、そして今でも根強くキュレーションメディアは「フリーライド」つまりタダ乗りじゃないかと叩かれていたりします。

コンテンツを作った人間からすると、キュレーションメディアは、苦労して作ったそれらを、ただリンク一発と簡単な文章で勝手に紹介してトラフィックを稼いでる、というふうに見える「面がある」というのが根強い批判なんですよね。

しかし、ここには相互作用があるはずで、コンテンツ制作側は、高い技術とコストでプラットフォーム化したキュレーションメディアで、広くコンテンツをアピールすることができる。
一方キュレーション側もそれらコンテンツに敬意を払いつつ、自分たちの目でしっかり選んだ良い物をより広く知らせていきたい、という関係値を互いに築いていけるはずだ、というのは最もだと私は思います。

私は、ネット上に「フリー」なものが溢れていたり、今自分でも「フリー」なものを発表していて、そういうものの洪水にさらされてきた世代なので、この問題には世代間での感覚の違いなどもあるだろうなとは思います。

しかし今まさに勃興しているキュレーションメディアという新しい潮流に対して、感情論で潰しにかかるのではなく、良い未来を構築していくための道を作っていくことが大切なんだろうなと、思いました。

 

メディア/イベントプレイバック 《part.2》
◆デジタルコンテンツの「いま」と「これから」――川上量生×Tehu×津田大介

私的には一つ前の記事、『津田大介の「メディアの現場」 vol.90』 を、読みました。 に続く川上さんです。
今回は電子書籍のお話。ではあるのですが、「デジタルコンテンツ」のお話もたくさん上がっており、その中に興味深いお話がたくさん散りばめられていました。

現状、電子書籍は簡単に出版でき過ぎることや、編集がしっかりしていないことで質が低い。
それが氾濫することによって、マーケットそのものが崩壊する可能性が多分にあるということ。

コンテンツはそもそも、コピーが容易な時代にもなり利益率が高い。それを出し惜しみ=コントロールし希少価値を演出することで、ユーザーがそこにお金を払う。
故に、ネットで今大切なのはコンテンツを絞る必要があるということ。

現状、無名のクリエイターが正攻法で売れるのは難しく、何かしらのアドバンテージを持った人がやはり儲ける。
ブルーオーシャンなどないので、クローズドな環境を作って、互いの利益を確保し、競争なんてしない方がいい。(ここで川上節炸裂!)

「プラットフォームは自動販売機ではなくてメディア」である。
リアルな本屋は立地の考慮や、お客の分析、店内のレイアウトなどしっかりと考えていてメディアだといえる。
電子書籍のプラットフォームには、なんとなく立ち寄る人はいなくて、ほしい物をピンポイントで探している人しか訪れないのでメディアではなく、プラットフォームとしても現状失格。

セルフプロデュースの重要性。ネット時代のクリエイターは情報発信力を持つ必要がある。
突き抜けるためには専門分野を軸に2つ3つのジャンルに手を出す。これをクリアするためにはしっかり時間をかけるしかない。
時間を作るにはネットをやめろ(笑)

などなど……。

二度も三度も読み返したい、非常にためになる内容でした! やっぱり川上さんは面白いですね!
(そして津田さんの司会力……!!)

 

というわけで第三回終わりです。
いやぁ……本当に情報の塊のようなメルマガです。

こんなの毎週くるなんて……。

今さらながら感心しております。

まだまだ積んでるので、どんどん読んでいきたいと思います。


『津田大介の「メディアの現場」 vol.90』 を、読みました。

津田大介さん(@tsuda)さんのメルマガである、『津田大介の「メディアの現場」』を購読している綾瀬です。
「積ん読」状態の津田マガをしっかりと読んでいくために、一日一マガを心に刻み、腰を据えて読み始めた2日目!

昨日は最新号を読んだので、手元にあった一番古い物……の次の90号を今日は読みました!

 

~津田大介の「メディアの現場」 vol.90~ 2013.8.23

Don’t lose your temper

津田さんによる、書き出し部分というか、津田マガの冒頭部分。
今回は「フォント」のお話。

フォントというと、本来デザイナーの範疇なのですが、文章を書く人間にとっても大切なんだよ、というお話。
そもそも、今は物書きも原稿用紙ではなくてPCを相手にする時代。
自分が使うツールのフォントを工夫することによって、負担やストレスが変わるよ、という津田さんのお話はとても説得力があります。

さらに、プレゼン資料内のフォントも、説得力に大きく関わってくるという辺りも、常々大きい舞台でお話をされている津田さんの言葉として語られると、ごもっともという感じです。

お仕事の環境は、こういう小さな工夫から、格段に変わっていくものなんでしょうね。

 

01、メディア/イベントプレイバック
◆アルゴリズムに支配されないために――川上量生が語る「人類とインターネットの未来」

言わずと知れた、「ニコニコ動画」「ニコニコ生放送」でお馴染みの「株式会社ドワンゴ」の会長。

最近では「株式会社KADOKAWA・DWANGO」の会長ですよね。

収録は30分番組としてかなり編集されてしまったらしいですが、津田マガではその二時間近い内容が全て紹介されています。

ニコ動は、最近では安部総理が当時の野田首相との党首討論の場として指名したりして、もはやオタクやアングラなユーザーだけの場所ではなくなっています。
「ニコニコ超会議」などの巨大イベントも大成功を収めていますしね。

そんな川上さんは、経営者としては明らかに変わったタイプだと思います。
私は師匠からよく経営者トークを聞きますが、どの方も、ものすごくタフでガツガツしていて、競争上等!!みたいなところがあるのですが、川上さんは「できるだけ同業他社と競争したくない。」であるとか「生き残るために大切なのは競争を避けることなんじゃないか」なんて言っている人。
のんびり生きたい、とも言っておられました。笑

そんな方が、今や日本のエンタメの王者的な立ち位置にいるというのがまたすごい話だと、私は思います。

そのエンタメ論もしっかりしていて、「人間はわかりそうでわからないものに惹かれるという傾向を本能的に持っていたと思う」「ウケるコンテンツというのは本能に働きかけるもの」と言う言葉は、深く刺さるものがあります。

そこから「インターネットの未来」に話は飛躍していくのですが、「インターネットは自分に都合のいい情報だけを見せるアーキテクチャになるというか、そっちの方向に進化するんだろうなと。」と言う言葉、これは東浩紀さんを始め、「インターネット黎明期に会った希望」が明らかに失墜し、みんなが夢見た未来は待っていなかったよ、と論じている人達の見識とバッチリ重なっていて。

それを、ネット世界の大物である川上さんも語ってしまうところに、真実がある気がしてちょっと鬱々としました。
結局、ネットで政治を動かす、というような話も民意をアルゴリズムとして解釈していく方向になって、良い未来が待っていないということであるとか、Google的な価値観が、世界が変わるポイントだったと語られる日がくるだろう……というお話になっていきます。

そんな中で、川上さんは「まず目の前の人達を楽しませたい。そこから広げていきたい」という、ある種当たり前で、でも堂々となかなか言えないことを表明していました。

そうですよね……。
規模は違うかもしれないですが、それは私も最近思っていることです。

最終的に話は、津田さんはどうするんですか?的な流れになっていきますがそこは割愛させていただきつつ。

とってもためになる対談でした!

 

07、ふるまいよしこの「中国ジャーナリズム、ネットと歩む未来」《第14回》
◆海外と中国ジャーナリズム――その4:反骨のジャーナリスト、長平氏

これ、とってもためになるコーナーです。
近くてよく知らない国、中国の事情を、とても深く掘り下げている内容が毎回読めます。

今回は、中国ジャーナリスト界で伝説の存在となっている長平氏のインタビュー記事でした。
内容はあまりに濃くて長いので割愛させていただきますが、中国という国では、日本なら小説や漫画、アニメのネタになってしまうような検閲体制が、嘘ではなく今でも誠に行われているということの衝撃でした。

その中で、虚構作品の主人公のように戦ってきた長平氏の半生はまさに伝説だし、ジャーナリズムと言うのは、ある意味本当に命がけなんだなということを感じました。

中国がこの先どうなっていくのか……ということは分かりませんが、あくまで日本の常識で考えるのであれば、やはり国によって国民にあまりにもフィルターがかけらている状態は、良いとはいえないと思うし、とは言え突然世界が変わることもないでしょう。

お隣の国として、その動向というのは、しっかりと注視して行かなければいけないのではないかなぁ、と感じました。

 

08、清水健朗の「本を読まない津田に成り代わってブックレビュー」《第38回》
◆「モヒート」と「レクサス」から考えるアップデートされた高度資本主義社会

要は、村上春樹さんの『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の歳』のレビューなのですが、着眼点が非常に面白い。
なるほど、春樹は「お酒」の名前で読むと面白いんですね……。

登場するアイテムを文化的記号として読むと、いろんなことが見えてくる、というのです。

村上春樹さんの作品の主人公が、今までずっと団塊世代だったのに『色彩~』では、初めて津田さん世代、つまり団塊ジュニア世代が主人公だと推察される……と言う辺りが非常に意味があると思いました。

実は春樹はあまり読んでいない綾瀬ですが、これは時間を作って読まないとな、と思いました!!

 

 

というわけで第二回終了しました!

活字を毎日しっかり読むというのは過大なので……よきトレーニングです。

これに合わせて本も読めればと……。

綾瀬、インプット頑張ります。アウトプットもね!


『津田大介の「メディアの現場」 vol.141』 を、読みました。

津田大介さん(@tsuda)さんのメルマガである、『津田大介の「メディアの現場」』を購読している綾瀬です。
しかーし! 購読とは名ばかりで、すっかり「積ん読」状態にしてしまっているのです……。

このままではもちろんもったいないし、最近インプットが減っている気がするので、強制的にでも読書週間をつけるべく、これから毎日(なるべく)津田マガを消化していこうと誓ったのであります!

とは言え、読んだだけだとあれなので、感想を簡単に書いていこうかと……。
そうすると、私毎日、津田マガについて記事を書くことになり、ここが津田マガ専用ブログになってしまうけど……?

そうならないように書籍も読みます!! ちなみに今は、東浩紀さん(@hazuma)の『動物化するポストモダン』を読んでいますよ。
まだ読み終わってないのかって?

すみません……。

 

~津田大介の「メディアの現場」 vol.141~

01、今週のニュースピックアップ

ブログサービスや動画サービスを運営している「FC2社」が京都府警の家宅捜索を受けたお話、ご存じですか?
結構大きく取り沙汰されていましたよね。今回はそれについての記事でした。

「わいせつ」が原因だとはぼんやり知ってはいたんですが、まさか生中継でのわいせつ放送が原因だとは知りませんでした……。
FC2って、動画配信サービスやってたんですね。

たしかに、AVビデオ系とか、テレビ番組、アニメなどが、無法地帯状態でアップされている場所というのは知っていましたが、そんなことになっていたとは。

なぜそれが今まで摘発されなかったかということについて深く掘られていましたが、運営会社が海外企業なのがキモだったようです。
それが色々と状況を難しくしていたようですが、最近、業務委託先である日本の会社「ホームページシステム社」が実質運営をしているのが実体ではないかというネタが上がったので、摘発に踏み込んだ……ということのようです。

運営会社が海外でも、きちんと日本の法で裁けるような下地もできていたようです。

それにしても、わいせつ放送にしろ、著作権侵害のアップロード動画にしろ、犯罪行為をしている人にお金が発生し、その犯罪で会社も設けていたというのが、すごい話ですよね……。
なんにせよ、悪いことは出来ないものです。

今後については、「2ちゃんねる」を例に上げつつ、完全にサービスが停止することはないのではないか、という予測が立てられていました。
なんだかんだ歴史があるサービスではなるので、今後の展開に注目ですね!

(アニメはリアルタイムか円盤で見よう!)

 

02、メディア/イベントプレイバック 《Part.1》
◆ミドリムシが地球を救う!?――株式会社ユーグレナの挑戦

ミドリムシ。理科の実験で、顕微鏡で見たあれですよ。
あれって、ムシって言ってるけど「藻」なんですね~。(絶対習ってるけど忘れたよ……。)

学名は「ユーグレナ」というそうです。

そんなユーグレナを使って様々な試みをしているのが、株式会社ユーグレナの代表、出雲充さんなのだそうです。

ミドリムシって、なんと人間に必要な栄養素をほとんど持っているんですって!!
しかもバイオ燃料にもなるとか!!

すでに「飲むユーグレナ」というミドリムシ入り飲料などが発売されていたりするんだそうです。(中には5億匹のミドリムシが入っているそうです……。)
これには、人間に必要な栄養のほぼすべて、59種類の栄養素が含まれているらしいのです。
なんですかそれ、どんなエリクサーですか……。

バイオ燃料としての活躍としては、こちらもすでにバイオディーゼル燃料として運用されているんだとか。
ミドリムシは枯渇する心配がない上に、培養の段階で二酸化炭素を吸収するので、温暖化に良いと……。ミドリムシすごすぎる。

2020年には、ミドリムシのバイオ燃料だけで、航空機を飛ばすのが目標だそうです!!

ここまで来るのは本当に大変な苦労だったそうなのですが、そんな時期に手を差し伸べてくれたのが、ライブドア時代のホリエモンこと堀江貴文さん(@takapon_jp)だったとか。
本当に先見の目がある人ですよねぇ……。

とにかくすごいミドリムシ、ユーグレナ!
素敵な未来の一助になりそうなミドリムシ君の今後にますます期待ですね!!

 

◆4000億の負債はいかにして一括償却されたのか?――伊藤忠元社長・丹羽宇一郎の経営哲学に迫る

伊藤忠商事といえば、言わずと知れた大企業、ですが……。
私、全然知識がないので、ちょっとそういう意味で縁遠い記事だったのでした。

とにかく、「すごい経営者さん」のためになるお話!です!
実際、記事中では「バブル崩壊以降に登場された経営者のなかでは、間違いなく最高の経営者のひとり」という賛辞が贈られているほど。

それはそうですよね……。4000億の不良債権と立ち向かって、見事会社を立て直してしまった方なのですから。

内容は、いかにして経営を立て直したのかという手腕や経営哲学のお話なので、割愛しますが、やっぱりこういう方は刺さることをいいますよね。

「自分で自分を評価してはいけない」

なるほど……。心に留めておきます……。

扶養控除の108万円、130万円の壁に対する言及も、最近耳にしたこれからの夫婦のあり方とか、収入の問題とかに直結する問題提起として考えていかなければいけない問題ですよね。

 

05、津田大介のデジタル日記(10月3日~10月9日)

津田さん……相変わらず忙しいですね……。
死んじゃわないか心配です……。

 

09、ネオローグユニオン

編集後記的な、ゆる~いコーナーなのですが、最近、不倫が流行っているというネタが……。
『昼顔』の影響らしいのですが……。
その話どっかでも聞いたよ? と思ったのですが、どうやら本当なんですね。

婚活パーティーにも昼顔ブームが来ているらしく、未婚男性と既婚女性の婚活パーティーが……ってそれ婚活じゃなよ! 明らかに!!

いやーー……なんというか……。自由ですね……。離婚しない程度に……お楽しみください……。

日本って、平和ですね。

 

以上、最新の津田マガの感想というか、メモでした!
どんだけ積んでるんだろ……。どんどん読もう。

相変わらず有益な情報が沢山だったので、大事に読みたいと思います!


『魔法少女まどか☆マギカ』 を、見ました。

こんばんは。今日、とってもとっても働いて。
会社時代に匹敵するくらいに働いて。
ちょっとだけ自分にご褒美で、生ハム食べながらお酒飲んでます。綾瀬です。

 

師匠から、久々に司令が。

「まどマギ。まどマギ。まじでまどマギ。」

頭おかしくなったのかと思いましたが、まどマギを見ろということだと理解して、既読無視しました。

 

というわけで……。

お恥ずかしながら、今さら。名作『魔法少女まどか☆マギカ』を見ました!!!

(以下、ネタバレがあるかも知れないので、ご了承下さい。)

————————————————————————–

 

 

とにかく。事前情報としては色々な事を聞いていました。

 

「虚淵玄には勝てない。」

「最初のほのぼの感を返してくれ。」

「三話で一旦どん底に落ちる。」

「ループもの。」

 

それ以外は、私、全く予備知識がない状態での、スタートです……。

まず、なんだか見覚えのある表現! と思ったら、制作がシャフトなんですね。

シャフトといえば私の中では『化物語』だったりして。とっても好きなアニメだったのですが。
そのせいもあって、「シャフトなら間違いないだろう!」感がすでに漂い始めました。

 

確かに、これから起こるであろうきっと何かしら絶望的な展開(予想)を全く感じさせてないほのぼの感に、逆にハラハラしました。

初めから何か、明らかに雰囲気違うほむらちゃん、どうも怪しく見えてしまうキュゥべえ……。
穿って見ているせいか、なんとな~くそうなんだろな?と思いながら進めていきましたが、確かに……。

 

三話は、ね……。

 

リアルタイムで見ていた人達はきっと、阿鼻叫喚だったんだと思います。
そこから、明らかに「魔法少女」ものからは逸脱していくような気がします。

 

魔法少女になるための対価が、正常な青春少女達からすれば不釣り合いすぎること。

当たり前のように「死」が待ち受けていること。

望みというものは、決して思い通りの未来を運んでこないこと、など……。

「勇気」とか「友情」とか「仲間」とか……そういったものとは別世界が繰り広げられていく。

 

途中、笑っちゃいました。なんだこれって。

「虚淵玄には勝てない。」の意味がわかった気がしました。

 

正直、オチはなんとなく想像の範囲内だったのですが。

それでも、絶望的な気分になりました。

 

何でしょうね。

最近『STEINS;GATE』をやった影響もあるんだと思いますが。

「時間渡航者の孤独」ってプロット、強すぎますよね。

『涼宮ハルヒの憂鬱』での、『エンドレスエイト』で終わらない8月を繰り返して壊れていく長門有希とか……。

『うる星やつら』『ビューティフル・ドリーマー』とか。

記憶を有したまま一人ループを繰り返す人の孤独、もしくは受け止めがたい未来を変えようとひたすらに試行を繰り返す人の孤独……。

これに勝るネタってあるのかなって、最近思っちゃいます。
ループものが強いのって、やっぱりそのへんなんですかねぇ……。

ひとまず劇場版を残している私ですが、まどマギに強く感じたのは、そこでした。

結局まどかちゃんは何になってしまったのか……とか、そのへんはまた別の機会にゆっくり考えてみようかなと思いました。

 

以上です……。

もう、当然見ているかとは思いますが。

オススメです!!!