『私の男』を、見ました。

大好きな桜庭一樹先生の作品の中でも、特に好きな『私の男』が映画化するということで、楽しみにしていた綾瀬です。

ここで『私の男』について描いた記事を! ……と思ったら、描いてないじゃないですか私。何たる段取りの悪さ……。

すごく書いた記憶があったのですが、この記事でチラリと触れているだけでした。

『ホテルローヤル』-桜木紫乃- を、読みました。

 

見なければ見なければと思っているうちに時間が経過し、調べてみたら……。
もうほとんどロードショー終わっているではないですか!!

急いで、スケジュールを調整して、急遽上京してきた綾瀬です!
そして、昨日なんとか滑り込みで鑑賞してきたのでした。

『私の男』

 

感想。ですが。
一晩たって落ち着いたので書こうと思うのですが。

あ、ここからは久しぶりにネタバレ込みでいきますのでご了承ください。

 

 

ええと。

 

私、このブログで初めて、批判します!!

 

 

圧倒的なコレジャナイ感……。

何でしょうか、おすすめポイントといえば、「二階堂ふみちゃん可愛かったよ! 体当たりだよ! ふみちゃんの裸……裸きゃーー!!。」

くらいですかね。

 

久しぶりに映画見て消化不良になりました。

これじゃあただの悪口なので……。
なるべくきちんと書こうと思うのですが。

 

まず、一番思ったのは、原作を読んでない人がどう感じたのか? です。

 

私は原作を知っているので、その上での納得いかなさがあるのですが、一緒に行ってくれたお友達の意見をまず聞いてみたところ。

 

「久しぶりにつまらない映画見て、お金損したと思った。」

 

でした……。

やっぱりそうなのか、と。

 

ええと、主題が全く見えないんですよね。

結局何が伝えたかったのかが分からなくて。

原作でそれほど描写されていなかったシーンをやたらと濃く取り上げたり、映画版の解釈で追加されたシーンが全く生きているように感じられなかったり。

 

なんだか無駄に軸だけぶらされて、骨抜きにされたような印象。

 

 

もう一つは構成。

原作ものが映像化されるに辺り、構成が変更されることは仕方のない事だと思っています。
映画には映画のロジックがあるので、原作はそのまま良い脚本とは成り得ない。
だからこそ脚本化という作業が重要になると思っているのですが。

あえて言うのであれば、原作は時系列を遡っていくような構成になっています。
一番最後に、一番古い話が来て……というと少々語弊があるのですが、それでこそ印象的なラストになっている。

映画はそれを、時系列で追っていきます。
なので、原作の最初のシーンでお話が終わるわけですが。

私驚いて、「えっ!?」と劇場で声だしちゃいました。
いいんですよ。別にそのシーンで終わるのはいいんです。

何その描写……。ってのがあって。もう、は……? だったんですよ……。

 

それより何より、時系列でたどるなら、そこ語らなくてどうするの!!ってシーンがまるっまるカット。
そのせいで、小町さんはただの過去の人になっているし、二人が抱え続けてきた2つの殺人の影もまーるで重みなし。
なんじゃこれ……となったのでした。

 

 

そして、淳吾と花の関係。

なーーんかもう、うっそくさくて。

何がって肝心なところのディティールがことごとく落ちてて、なんだか中身の無い「禁断の愛、近親相姦」ってことだけがひとり歩きしていて、リアリティも原作の独特の気持ち悪さを通り越してなんだか神がかってしまった二人の関係も、何も描けてない。

もう、ふみちゃん体張ってる!! しか、ない。

 

ああ、すみませんもうやめますね……。悲しくなってきたので……。

 

国際映画祭で受賞もしたようですが、とにかく私の感性とは合わなかったようです……。

正直に、楽しみにしていただけ、本当に残念な作品でした。私としては。

 

ただ。
原作、桜庭一樹先生の『私の男』は、ほんとうに素晴らしい作品だと思います。
直木賞受賞作でもありますが、その看板に勝るとも劣らない内容です。

ぜひ、手にとっていただけたら嬉しいなと、一人のファンとして、思います。

映像化、ってやっぱり難しいんですね。
「小説は最も高尚な表現だと思う」という友人の発言を反芻した夜でした。

それではもう一度最後に。

原作、『私の男』綾瀬みうは心から推薦いたします。


勝手に連載始めました、というお話。

冬コミに向けてのプランが、早速発動しました。

完全オリジナルということで、正直いきなり冬コミで並べても見向きもされないだろうと。
(コミケには実に35,000サークルが参加します!!)

 

ということで……。
Webで公開していこう! という事になりましたっ!

 

実は今回冬コミで発売予定の「あおいはる。」はすでに徐々に書き始めていたので、それを順次公開していくことにしました。

これに絵がついたりなんだりして、紙になるのかなぁ……? という感じです。

 

どちらにあるかというと。
以前ご紹介したこちら。

CRUNCH MAGAZINE始めました、というお話。

 

あれっきりになってしまっていたのですが……今やっと火を吹きますっ!!

今日の今日までブログが滞っていた私なので、あんまりしっかりしたお約束は出来ないのですが、なるべく頻繁に更新していきたいと思っています。

どうぞ、よろしくお願いいたします!

 

あおいはる。

 

現在、序章から、第二話?まで公開してます。

是非是非、御覧ください。


最近読んだ本、というお話。

冬コミ、申し込みが完了しましたー!

GIRL/Fri.eND

 

見ての通り、新刊の名前は、私のブログタイトルと一緒です!
そうなのです……原案は師匠ですが、今回は私がメインで書かせてもらいます。
正直、気合入ってます!!

師匠といろんな構想を練りながら、原稿の合間にちょっと幸せです。(相変わらず原稿の山……。)
どうでもいいですが、毎度「忙しいですか?ちょっと手伝ってもらえますか?」から始める師匠にイラッときます。
もう古くない?

 

そんな私ですが、本、地味に読んでおりました……。
なかなか進まなかったんですけどね……。
ただ時間も経って、ディティールが落ちてしまっているので、今日はさらっとまとめてご紹介しようと思っております。

まずは桜木紫乃さんの『ラブレス』です。
直木賞受賞作の『ホテルローヤル』を読んだ後、その流れで購入。
Kindleに入りっぱなしだったものをやっと読んだ……という感じです。

『ホテルローヤル』-桜木紫乃- を、読みました。

 

現在のお話から始まり、過去にさかのぼり……を繰り返し、過去と現在がクロスオーバーして結末に近づいていくという構成。
正直、最初は過去の話がリアリティがなくてちょっと停滞してしまいました。
リアリティがないというのは、どうしてもその時代の人間ではないので、自分を重ねるように追体験ができない感じがあって、つまらなく感じたのかなと思います。
それってよくあることだとは思うのですが、何故かこの時はすごくそれが顕著に体の反応として出てしまって……なんでだろうか。

ただ、後半、私的にどんどん盛り上がって、読後感としては、すごくよかった!という感じです。

主人公って誰なのかというのが難しいところですが。
始めに語り始める現代の小夜子がそうだとすれば、その片割れ・相棒としての役割を果たす理恵が、それぞれの親である百合江と里実を小説に書こうとする事が、メタ的で面白いなと思ったり。

つまり小説内で語られる百合江と里実の物語は、あたかもこれから理恵によって書かれるであろう小説そのもののようだな、ということです。

人は自由でありたいなどというけれど、人生を取り巻く大きな力は逆らえないほど猛威をふるうことって本当に多いんですよね。
特に女って……特有の、制約があるというか。
昔に遡るほどそれって強かったので。

その中での百合江の生き方は、万人が首を縦にふるようなものではないけれど、ある意味ハイライトな印象があるのかな、と思いました。

 

 

次は、森見登美彦さんの『四畳半王国見聞記』です。

森見さんの本としては、『四畳半神話大系』を読んだのが最初です。

『四畳半神話大系』ー森見登美彦ー を、読みました。

相変わらず舞台は京都。そしてなんとなく『四畳半神話大系』とかぶるマップ。
そもそも四畳半神話大系に登場するキャラも出てきますしね。

そういう作品がリンクしている感じ、大塚英志さんの手法を思い出して私はニヤッとしちゃいます。
『四畳半神話大系』で、森見さんのパラレル的?ループ的なお話の作り方に唸っていた私ですが、それをさらに推し進めたような内容。

物語が大きな円環の中でぐるりと回って戻ってくるような特異な体験というか……。
それが妙で、今回も唸っておりました。素敵。

なによりも森見さんの独特の古めかしいような懐かしいような文体がとっても可愛らしくて好きです。

 

 

森見さんつながりで、『夜は短し歩けよ乙女』です。
ずっとずっと書かなきゃ……と思っていて、今日まで来てしまった作品。
相当ディティール落ちちゃってます……。

『四畳半神話大系』を読んだ後、日が浅いタイミングで読んでいるはずなのですが、あれ、続編!? と思ったのを覚えています。
なぜならやっぱり舞台は京都だし、『四畳半神話大系』よりもマップやキャラが『四畳半神話大系』寄りなのです。

結局は違う主人公を軸にしたお話なのですが、とてもよかった!
ヒロインである黒髪の乙女が可愛い! 本当に好き!
『四畳半神話大系』の明石さんが好きだった私としては、共通する雰囲気にもうやられました。

森見さんの描く女の子は本当に可愛いです。
なんだかひょうひょうとした中に、女の子特有の柔らかい部分が詰まっているような、そういう感じ。
汚いところが見えないからかな。
実際の女子は大変ですからね!笑

 

 

映画が人気だったヤマザキマリさんの『テルマエ・ロマエ』です。

お家ぼんやりしていたら、劇場版がテレビでやっていて、見たらもう面白くて。
その場でKindle買いして読みました!! おもしろいー!!

最近最終巻を読んだのですが。それに関しては……あれ? という感じでした。笑
まぁなんというか出落ちというか、着目点と勢いが素晴らしい作品だと思うので、そんなにネタも続かないモチーフだったんだと思います。
なので結末が微妙であってもあんまり評価には響かないというか。
このモチーフをここまで昇華したことに拍手を送りたい! そんな気持ちです。

ところで師匠は映画で上戸彩ちゃんが入った温泉に行ってきたそうですよ!
でも混浴らしいので。少くとも師匠とは行きません。絶対。

 

 

新井英樹さんの『ワールド・イズ・マイン』です。

とにかく……内臓と心臓をえぐられるような作品、という感じでしょうか……。
頭クラクラします。
でも止められなくて一晩で読みました。

賛否両論はあるんでしょうけれど、エッジで刺さるってこういうことだし、表現し切るってこういうことだと。
それにとやかく言われようが知らん、っていう精神性。
忘れたくはないなと思います。

 

 

以上、ぱっと思いつく限りに羅列してみました!!
もっと本を読む時間を作るべく……原稿に励みますっ!!


『ホテルローヤル』-桜木紫乃- を、読みました。

過去記事のお引っ越しです。
一年前になりますが、2013年7月26日の記事をご紹介します……どうぞ!

——————————–

 最近思ったのですが、私の本のお話、実はしれっとネタバレしてませんか……?
あんまり遠慮無く書きたいので、これから読む予定の方、余計な情報が要らない方、気をつけてください……。
 
 直木賞受賞作『ホテルローヤル』を読みました。
結論から言いますと、とても楽しく読ませて頂きました!

 ホテルローヤル、というラブホテルを中心に、様々な登場人物の物語が展開していく。
一見、短編小説の寄せ集めのようで、実はホテルローヤルを中心とした大きな物語が流れている。

 一番最初の物語が、最も時系列上では新しい話で、徐々に時代を遡っていくという構成です。
これに関しては、桜庭一樹先生の『私の男』も同じような構成になっていて、当時は読んだ時の衝撃があったのですが、やはり面白い作りだなと再認識しました。

一番最後のお話が、一番始まりのお話、という作りも私の男と同じだったのですが、終わりから順に見せられている分、これまで読んできた「その後の結末」がより際立つ感じがするのです。

始まりは、希望しかなくて。その後何が待ち受けていようとも、その「希望」が輝いていた時の美しさは、胸を打つものがあるなぁと思います。
時系列を追うと、その希望は結局壊れてしまうのですが、小説として、一番輝いていた瞬間を結末に受け取ることで、なんだか素敵な印象のまま終わるという、不思議な読後感です。

 ホテルローヤルはラブホテルなわけですが、そのため全ての物語の中心には、男女の営みが描かれています。
物語の数だけの、男女の物語。それが直接的だったり、間接的だったりしながら、ホテルローヤルのアウトラインを描いているような気もしました。 

 断片から外堀を埋めていくような物語の作り方、非常に興味をそそられるものがあって、こういう作りのお話を書いてみたいな……と思ったのは個人的な感想です。

 素直にオススメできる一冊です。
捉え方によっては短編集的なふうにも捉えられますので、とにかく読みやすいと思います。
ご興味ある方、是非。

Kindleがない方はこちら


初コミケ出展終了!(会場にはいなかったけど……) というお話。

艦これのイベントを完全スルー中の綾瀬です。
いつからログインしていないことやら……。
さすがに生活の中で順位が下がってきました、艦これ。

でもやりたいことがたくさんあるのはいいことです。
とか言いつつ、久しぶりに入ってみようかな……。

 

気づけばもう一週間も経ってしまいましたが、私が初めて参加した、同人サークル「GIRL/Fri.enD」が出店しました、コミックマーケット86が終了しました!!

GIRL/Fri.enD

 

私はと言うと、西馬音内盆踊りに参加しておりました為、当日ブースにはいなかったわけですが……。
当日の模様は、サークル主でもある師匠のブログを御覧ください!

コミケお疲れ様でした。

 

なんでも、初出店の分際で身の丈に合わない程売れたとか……。
嬉しい限りなのですが、ほぼジャケ買いだったということで、あのニッチすぎるネタをご理解いただけたのか、楽しんでいただけたのか甚だ不安ではあります……。笑

肝心の本はと言いますと、コミケ終わりで一路秋田に戻ってきた師匠から直接受け取りました。
(師匠は10年ぶりに西馬音内盆踊りの櫓に上がって太鼓を叩いた模様。)

いやぁ……薄い。まさしく薄い本!(えっちじゃないけど。)
とは言え初めて作った本。感動しました……。

 

入稿ギリギリで師匠が泣きながら作業したらしい編集やら、レイアウトを改めて見ながら、お疲れ様でしたと心でつぶやくのでした。(本人には言わない。)
そういえば、「綾瀬ちゃんと俺の分担、全く書いてないね。」と全部終わった後に師匠が言いやがったのですが、そうなんです。

私が何を担当して、師匠が何を担当したのか全く……書いてないんです!!
些細な事だから良いのですが。笑。

まぁそうですね、ほとんど私が書きました。と思っていただければよいかと!
師匠は『吾輩は猫である』のパロディに幻獣姫と艦これを絡めた序文と、原案、ディレクションといったところでしょうか。
お仕事じゃないのでディレクションは適当でしたけどね……。
とは言え、たまに鋭いことを言われて竦み上がりました。(やっぱり師匠は師匠だった。)

 

なんにせよ概ね楽しい制作でした!!
「冬コミも申し込むからよろしく。」と私の了解を全く得ずに事が進んでいましたが、私も作る気満々だったので問題ありません!

ネタも決まっていて、実はもう書き始めています。
今回はまず完全オリジナルを先行して創ろうということで、二次は時間に余裕があったらということでした。

内容は……女子高生群像劇です!!
私の一番好きなジャンルです!!

腕がなるのです。ふふふ。

たった一晩で設定を出してきた師匠には負けるかもしれませんが、私だって女の子大好きなんですから!

 

そんな感じで、原稿の合間の現実逃避な文章はこれにて終わり。
はぁ……本とか合間で読んでるんですけど、なかなかブログに載せられず……。

負けない!
ご無沙汰になっているブログ更新を誓いつつ筆を置きます。
次こそは本の紹介するからね!!


コミケ入稿しました!、というお話。

また一ヶ月時間が……。

ご無沙汰しております。
おかげ様の嬉しい悲鳴で、会社勤めをしていた頃と変わらないんじゃないかと思うくらい、お仕事をしています。
それでも時間は自由がきくので、あの頃よりはずっとずっと楽に生きていると思います。

とはいえ、「仕事ばっかりしてないで好きなことしないと意味ないぞ!」と最近師匠から珍しくお叱りを受けまして、そのとおりだなぁ……と。
何のためにお仕事やめたんだったか、わからなくなってしまってはダメですね。

というわけで……。

 

コミケ本の入稿が完了しました!!!!

私は原稿書いただけなんですけど……。
初の創作本制作に、音を上げかかった師匠から何度も、もう無理、死にたい、助けて、と連絡が来ましたが、手伝ってくれとも言われないので、生暖かく見守るしかなかったのですが、その頑張りの甲斐あってか、ギリギリでの入稿にこぎつけたようです!

師匠の元同僚さん達のお力も借りながら、出来上がりました。

 

タイトルは「艦これ姫」です!!

 

「幻獣姫」というGREEやmobaga、dゲームなどで展開しております、株式会社gumiさんのソーシャルカードゲームと、言わずと知れた艦これ、艦隊これくしょんのコラボファンブックとなっております!

幻獣姫は、gumiさんの大ヒットタイトルでもあるのですが、立ち上げに参加している師匠にとっては、とっても思い入れの深いゲームなのです。
かく言う私も、当時、興奮してやっていた一人なので(本当に女の子がエロかわなのです……ぐうかわです!)もちろん思い入れが強いし、現在は師匠のお陰でお仕事もさせていただいているので、二人にとっては、是非とも弄り倒したいモチーフなのです。

艦これについては……説明する必要ないですよね。笑

師匠のアイデアで、幻獣姫達が艦これの世界で奮闘する!という内容になりました。
本物の艦むすとしては、島風ちゃんが登場します!(表紙にもなってますよ)

寄稿いただいた、荒城ルーンさんの艦これ小説はとっても素敵ですよ……!
ご本人曰く「怪談のつもりで書いた」とのことですが、私の大好きな艦これの「せつなさ」がとってもよく詰まった作品です!

そんな私達の初創作本の情報はこちらっ!!

 

GIRL/Fri.eND

 

サークル名は「ガールフレンド」と読みます。
非常に師匠らしいネーミングセンスで……。笑

思えば師匠のHPをご紹介するのは何気に初めてかもしれませんね。
よかったら他ものぞいてあげて下さい。

 

という感じで、なんとかコミケには本が並びそうです!!
当日ちゃんと届くのか、それまで安心できないですけどね……。

GIRL/Fri.eNDの出展ブースは 三日目 8月17日 東地区”G”ブロック45a です!

よろしくお願いしますっ!!