『水域』『フィラメント~漆原友紀作品集』-漆原友紀- を、読みました。

師匠に勧められました『蟲師』にどっぷりはまってしまった綾瀬です。

『蟲師』-漆原友紀- を、読みました。

すると、Kindleさんが甘く囁くのです。
「漆原友紀さんだったらこういうのもあるんやで……。」

Kindleさんの誘惑にしこたま弱い綾瀬です。購入しました。

まずは『水域』です。

『蟲師』は全10巻と特別版でしたが、こちらは上下巻。さくっと読めるサイズでした!

日照り続きの日々、水泳部の中学生、川村千波が眠りや昏倒の中で迷いこむようになった豊かな水溢れる村。
そこに二人きりで暮らす少年と老人。
村に隠された真実と、それをめぐる家族たちの再生の物語。

私なりに要約するとそんな感じです……。

『蟲師』といい、『水域』といい、山や川に囲まれた村といったような、原風景的描写がこんなにも生まれるということは、きっとこれは漆原さん自身の原風景でもあるのかなぁなんて思っています。
話の間に挿入されているお話などからもそんな雰囲気が感じられます。

田舎育ちの私としては、遺伝子レベルで身体に染み付いた風景が呼び起こされて、人ごとではない共感を覚えるのですが、まさにこの『水域』のようなお話はこれから日本でどんどん起こってくるんですよね。

作品中では、人々の都合によるものでしたが、「2040年には日本中の地方自治体で人口にとてつもないインパクトがでる」というような悲観的ニュースも最近多く、そういった事情で数多くの村が消滅するという日は遠くないのかもしれません。

若年女性、896自治体で人口半減 2040年までに

2040年全都道府県で人口減 秋田35%・東京6.5%

当たり前のことなのですが、人一人一人に人生があって、歴史があって。
それが刻み込まれている場所があって、取り巻く人や記憶があって……。
死によってあっさりぽっかりとそれが抜け落ちたり、時間と共に減衰していつかなくなったり、いつまでも残ったり。

そういった全てが人の心を良くも悪くも揺さぶり続けるので、私達は前に進めなかったり、いつまでも後ろを振り返ったりするし、逆に強くいられたり、安らぎがあったりするんですよね。

という、人間たちの集合が家を作り村を作り、町になり国になって、世界中に広がっているのです。
誰一人として、そういう物語がない人はいないし、かと言ってその価値なんてまるでなかったように、あっさり人って死ぬのです。

なんだかその感じを忘れていたなぁ、と。『蟲師』~『水域』の流れで思う日々です。

 

もう一つは『フィラメント~漆原友紀作品集』です。

こちらは、漆原さんがまだ別のペンネームで執筆されていた頃の初期作品の抜粋や、『蟲師』の前身となる作品が収められています。
初期作品集にありがちなことですが、近作のイメージで見るとびっくりするというやつです。(けして悪い意味ではありません。)

やはり芯はブレないというか、漆原さんたる匂いがどの作品からも漂ってきます。
こういうのって本人からすると、けっこう気恥ずかしい、なんだったら封印したいものだったりもするはずなのですが(なにせ人は進化しますから)原点を感じるのにはとてもよい作品集だと思いました。

 

という感じで、漆原友紀さんの作品を一気読みしてしまいました……。
漫画ってやっぱりいいものですよね。
師匠から次の司令が来そうな気もしますが、私個人としても色々と探してみたいなーと思っています。

 

最後に……。

やっぱり『蟲師』がダントツ好きでした!!! ギンコー!!!


『蟲師』-漆原友紀- を、読みました。

以下、師匠とのLINE記録。

師:「蟲師マジヤバイから。読んでないとかないでしょ。読まないと潜りだよ。読んだほうがいいよ。」

綾:「えー、マジですか。。。気にはなってたんですけどねー」

師:「いや気になっても読まないと意味ないから。Kindleさんでいいから読みなさい。」

綾:「わかりましたー。ところで師匠、いつ読んだんですか?」

師:「え、今」

 

師匠は潜りでした。

 

……というわけで、『蟲師』を読みました!!

 

1999年~2008年まで連載されていたようで、思ったより前からあるのですね……。

「ギンコ」という白髪緑眼の「蟲師」なる職業を生業にする男性が諸国を漫遊しながら、「蟲」とそれに翻弄される人々との交流を描いた漫画です。

交流、というと語弊があるかもしれないので、補足しておくと。
けして「人助け」とは言い切れない面があると思ったので、敢えてこの言葉を選びました。

 

世界観としては、時間軸が明言されていないですが、現代よりも前。
ギンコは洋装ですが、主に山野や里山、麓や山間の村ばかりを行き来していて、そこに住む人達は皆、着物です。
作者の漆原友紀さん曰く「ずっと鎖国し続けている日本のようなイメージ」らしいので、大正~昭和くらいなのでしょうか。
それこそ大塚英志さんよろしく終わらない昭和のような……(余談)

漁村の話よりは、圧倒的に寒村の話のほうが多く、日本の原風景たる田園と山、茅葺屋根の家……という描写がたくさんで、胸が熱くなります。
山と共に生きる人達の話もあり、ああ……なんかいいなぁ……と思いながら。

 

「蟲」とは何ぞや?という話になりますが。
詳しくは是非読んでいただきたいので割愛しますが、私なりに言うと

「見えないけれどもそこに確かに存在して、世界に影響を与える、原初の生命から枝分かれした別の存在」

という感じです。

もちろんそれが見えるのが蟲師で、蟲にまつわる人の困り事を、一応解決していくのが仕事なのです。

ここでまた、一応、などという曖昧な言い方をしたのは、ギンコの立ち位置が、人と蟲の間にたって、物事を調停しているような感じに見えるからです。
極めて蟲寄りの存在だけど、情のなさそうな見た目の割に結構人たらしっぽかったり。

ふと、西尾維新さんの『化物語』に登場する「忍野メメ」に立ち位置が似てるのかなぁ、と思いました。忍野さん好きの私としてはギンコも大好きです。

 

「蟲」のモチーフとして採用されているのは、民間伝承や妖怪、自然現象から民族学的なものまで……つまりが私の大好物です!!

 

そして登場する女の子たち。
失礼ながら漆原さんはけして画力が高い方、とはいえないかもしれないのですが、味があって非常によい絵を書かれる方で。
……無性に女の子が可愛く見えるのです。いや、実際可愛いんです。

なんでだろう!と考えながら読んだのですが、多分、分かりました。
髪型です。

『蟲師』に登場する女性の髪型はおおまかに数パターンに分類可能です。もれなくそのどれかに当てはまる印象。
……そしてそれが全部私の好きな女子の髪型だったのでした……。

いやー、キャラクターに対する記号性を垣間見た瞬間でした!!

 

最後に物語。

一言でいうと、圧倒的に「切ない」です。

人はあっけなく死ぬし、すぐ間違うし、いつまでも後悔しているし、無力だし、取り返しの付かないことばかり。
しかし山や海を始めとする自然や、この星の生命というものの神秘性と力強さはとてつもないものです。
私達は、たったその一部分でしかなく、それゆえに感じる圧倒的な理不尽だったり虚無感を、抱えているのですが。

そういうものが、随所に散りばめられていて。もうなんかダメでした。(すごくよかったの意)

特に男女の話がもう、ダメ!切ない!

 

人って、人に縛られるんですねぇ。
人に縛られ、場に縛られる。

私は幸せになりたいですが、何か大きな事をする人って、結婚に見放されてる人も多い気がします。
きっと縛っちゃダメなんでしょうね、そういう人達は。

『ニュー・シネマ・パラダイス』を思い出しました。

『ニュー・シネマ パラダイス』を、見ました。
女って、男を縛りがちなんですかねぇ……。

とはいえ、成功するためには何かを犠牲に、的な言説もそれはそれで切ない気もします。

Amazonのジェフ・ベゾスさんとか、勝ち組も勝ち組ですが、御家族仲睦まじくやってる感じしますもんね。
Microsoftのビル・ゲイツさんとか。FACEBOOKのマーク・ザッカーバーグさんはお若いけど結婚してるのかな……?

 

件の最近師匠は、羽根ついてんじゃないかってくらいあっちこっちふらふらしてるので、そのうち蟲師になるんじゃないかと思ってきました。
結婚したいとか言ってるけど、蟲師じゃ難しいですね。残念でした。

 

お気に入りの話を紹介したいところですが……冗長になってきましたので、この辺りで。
総括としましては「やっぱり読まないと潜りだった!」です。

今度はアニメも見てみようと思います!! 本当に当たりでしたー!!

 


坊主BARと仏教、というお話。

こんにちは。

最近のブームは中華そばと醤油ラーメンです!

近所の食堂でよく食べております。(in AKITA)

 

こんな記事を発見してテンションが上りました。

【酒と人生】本物のお坊さまがやってる「坊主バー」は酒もおいしく問答もホンモノ/美味しいカクテルを飲みながら恋愛相談で予想外のガチバトルに

 

じゅ、住職!!

 

この記事で紹介されている中野「坊主バー」には、師匠に連れられて二度ほどお伺いしているのです。
どちらも写真でご尊顔が確認できる、釈源光(しゃく げんこう)さんに接客して頂きました!

機知に富んだ本当に面白い方で、頭脳警察のファンだというあたりも含めて最高です!
折々で顔を出す仏教のお話も、心に深く刺さります。

二度目に行った時は、師匠が仏教勉強モードだったせいもあり住職を質問攻め。
するすると回答してくれる内容は本当に勉強になりました!

ボウモアをカパカパ開けながら「まじすか~!!!」を連呼する師匠。
横で聞いている私もテンションが上ったのを覚えております。

中でも心に残っているのが、「般若心経って結局何なんすか?」という質問に対して、

「仏教を262文字で答えなさい、という問題がテストに出たら、回答は般若心経です。」というもの。

その瞬間二人で、「なるほど~!!!!」と叫んでしまいました……!

その後師匠は、どうやったらお坊さんになれるのかという話に夢中でした。
いつか出家しそうな気がします、あの人。

その際に紹介して頂いた本を、やっと読了しました!

こちらの二冊です!

コンビニ図書サイズの本で、(もしかしたらコンビニで売られていた時期もあるのでしょうか……)とても読みやすく、かつ内容もしっかりしていました!!

項目にかぶりはあるものの、この二冊はいい感じで補完関係にあって、より理解が深まる印象です!

私は『仏教のすべて』から読んだのですが、こちらのほうが内容と文体は堅め。
ちょっとするりと頭に入ってこない感じがあります。

釈迦の誕生から始まり、日本の仏教に至るまで、歴史を丁寧に辿りながら一つ一つを説明してくれています。
仏像の解説などもあり、お寺めぐりなどが好きな人やこれから始めたい人にも良さそうです。

『あらすじといらすとでわかる 日本の仏教』は、先ほど読了したのですが、なによりもわかりやすい!
そもそも仏教ってなんなのよ?的なところから、日本における仏教を柔らかい言葉で説明してくれています。
おそらく小学校高学年程度から理解できるのでは!?という語り口が何よりも魅力。
後半には、雑学としても使えそうな日本の身近な仏事について書かれています。

仏教に興味はあるけど、とりあえず何から読めばいいの?というあなたにはオススメの二冊です。
(そもそも私が、そうやって薦められた本なので……!)

拙いアドバイスとしては、
『あらすじといらすとでわかる 日本の仏教』→『仏教のすべて』の順番で読んだほうが拒絶反応が少ないかもしれません!!

以上、仏教をちょっと理解した気でいる綾瀬ですが、師匠が「ゲンロン総会で東さんがこれ読めば全て分かるって言ってた!」と購入した『仏教の思想』全12巻がそのうち課題図書で投下される気がして戦々恐々としています……。

尼になる日も遠くないかも。


コミケ当選しましたっ!!! というお話

以下、LINEのやり取り。

あ「あ、師匠お誕生日おめでとうございます よ、三十路!」

師「日曜日 東地区 ”G” ブロック 45a」

あ (びっくりするリラックマのスタンプ)

あ「こ れ は も し や」

師「受かったっぽい」

あ「あああああああああああああ!!!」

師「やばいね なんかさ、気づいたら6月なんだけど 本っていつ頃入稿するもんなんだろうね」

あ (青筋のリラックマもスタンプ)

師「体感だけど…一ヶ月ちょいだよね きっと そんなもんだよね」

あ「……アイデアはあるんでしたっけ……」

師「あるある。一ミリもアウトプットしてないけど」

 

 

コミケ86、受かりました。

日曜日 東地区 ”G” ブロック 45a

です!!!

内容は師匠の頭の中にあるらしいのですが……。

大丈夫なのだろうか……間に合うのだろうか……。

とりあえず!
原稿の納品を前倒しして時間を作ろうと誓う綾瀬なのでした。

以上、速報なのです!