コミックマーケット85二日目に、行ってきました。

というわけで、昨年の夏コミこと、コミックマーケット84に初めて参加した綾瀬は、冬コミにはがっつりと参加するぞ!と誓いその瞬間を楽しみにしていたわけですが。

行ってきました。

まずは昨年末12月30日、コミックマーケット85二日目。

当初の予定では、30日一日だけ参加しようと思っていたのですが……。

Twitterでフォローしているイラストレーターさんがかなり3日目に寄っていることや、以前「コスホリック10に、行ってきました」でも紹介したサクさん@saku93が参加することもあり、他にも気になっているコスプレイヤーさんがいたりもして……。

3日目にも参加することを決意したのでした!

とはいえ、基本的には師匠主導で。

師匠はあの鈍器ようなコミケカタログもしっかり購入したようで(購入なんて知りませんでした)万全の構え!

とはいえ、お互い「……始発は、ないよね。まだ初心者だし……」ということになり。

お昼早めの到着を目指して、当日を迎えました。

 

主に師匠の遅刻で、会場入りしたのは13時前位。

最初の目的は、コミックマーケット84でもお会いした、イラストレーターのにもしさん@nimono_の新刊を購入すること。

そして周辺の艦これこと、艦隊これくしょん本をGETすること!

「あなた、艦これの薄い本手に入れてどうするんですか」というツッコミをいただきますが……。

私、イラストのお仕事の割と長くやっていて、可愛い女の子は清純なものからえっちなものまで好きなのです。というか女の子大好きなんです。

そして全てがインプットであり、私の中で醸造されアウトプットされていくのです!テキストとして!

……と、必死でいえば言うほどドツボにハマる気がしてきました。

こんなだから売れ残ってるんですよね、私……。

 

というどうでもいい話は良いとして。

コミケカタログにおまけとして付いている、会場地図(お気に入りサークリをしっかりメモできる)を持って、狙いのブースへ直進する師匠と私!

……はい、軒並み売り切れです。

艦これ人気しゅごすぎる……。そしてコミケの壁は厚かった……。

遅いんですね、この時間じゃ。だからみんな始発で並ぶんですねぇ……。勉強になりました。

 

しかし、それはおまけのようなもの。

「にもし先生の新刊にはなんとしても間に合わねばならない!!」

他にもメモしているブースはあったのですが、最初の雰囲気を見て、これは手遅れだろうという判断を下し、順番を変更してにもしさんのブースへ。

……これは間に合いました。

すっと素敵な表紙の新刊をゲット!そしてにもしさんにご挨拶を……と思ったのですが。

 

行列が!!

 

なにやらみなさん、リアルカードを持ってご挨拶とサインを貰っている様子。

にもし先生のブレイクが体感できる図でした……。

控えめに並び、ご挨拶をし、退職の旨と感謝を述べつつ、ブースを後にしました。

個人的に大ファンなので、今後もにもし先生を応援していこうと思います!

 

そして、会場の雰囲気にやはり気圧されてしまった私達は、物色もそこそこに、師匠のお友達のブースへ移動しました。

コミケは音楽系の同人サークルも多く参加しています。

師匠のお友達は、かの有名な東方のアレンジ音源を発売しておりました。

親しげにお話をしながら、ちょっとお散歩をすることになったらしく、私も後ろからちょこちょこと付いて行きました。

 

もう薄い本はいいだろうということで、師匠は最後のミッションに向かうことにした模様。

ソーシャルゲームの巨塔「神撃のバハムート」をリリースしているcygamesが企業ブースに出店しているとのことで、偵察を命じられていたのです!

到着すると、ラジオ?の生番組をやっているようで、物販の購入はできませんということで、門前払い。

仕方ないので、屋上のコスプレブースへ移動することにしました。

 

身動きが取れないほどの盛況!

やはり艦これコスが多かったですが、その他多彩なコスプレイヤーさんがたくさん!

かわいい、かわいいです!一ミリでいいから、分けてほしい……。

師匠は、中でも、すーぱーそに子ちゃんのメイドコスの子がいたく気に入った模様で。(確かに、信じられないくらい可愛かったです。)

例のごとく、iPhoneで一生懸命撮影しておりました。今年は本当にカメラ買いましょうね。

 

師匠と私は五木あきらちゃん@itsuki_akiraというコスプレイヤーさんをフォローしておりまして。

ぜかましこと、艦隊これくしょんの島風というキャラクターのコスプレをして参加しているはずの彼女を探していたのですが、発見できず……。

非常に残念でした。

 

そこから再度、cygamesブースへ。

イベントが終わり、物販が再開しておりました。

これが長蛇の列!!!

ちょっと意外でした……。

確かに神撃のバハムートは、超ヒットタイトルで、海外でも成功しており、十万単位のデイリーアクティブユーザーを誇ると噂のゲームです。

そして業界トップレベルのイラストクオリティを誇るゲームでもあります。

ただ、とはいえ、一般的には知る人ぞ知るレベル……なんじゃないかと思っていたのです。が。

やっぱりこういうことなんですねぇ……。

CMもやってましたし、しっかり認知されていて、イラストに反応している人がここまでいるんだと、実感しました。

 

師匠は、セットと、画集を購入することにした模様。

一つは会社用とのこと。しっかり偵察の任務は完了ですね。笑

 

しかし!ここで問題発生!

神撃のバハムートの美麗女性キャラがしっかりとプリントされた大きな大きな紙袋を渡されてしまったのです!

これぞ、コミケの洗礼!!

その大きい袋のかさばりにやられ、機動力が極端に落ちたことを自覚したのか、

「今日は……やりきったんじゃないのか……」

と、終了宣言がなされたのでした。

 

コミケ本格参戦の感想は、「満足行く買物って、本当に覚悟と準備が必要」です。

明日は……どうなってしまうのだろう……という一抹の不安を抱きながら、でも楽しさが勝った、コミックマーケット85二日目なのでした。

お疲れ様でした!!

 

 


(いまさらですが)コミックマーケット84に、行きました。

昨年末、コミックマーケット85に二日間、本格参戦した私ですが、その前に、夏に初めてこの祭りに参加した時のお話をしておかねばなるまいと思い、前のブログより記事をお引っ越ししてまいりました。

とにかく暑かった……。

そんな真夏の祭典の模様を、真冬にお届けします。どうぞ。

————————————————————–

<2013年8月12日の記事です>

 

9日の土曜日は逗子の海で柄にもなく遊びまくっておりました私、奇しくもこの日は「21世紀で一番熱い日だった」ということで、よくも悪くも夏過ぎた一日でした。

日を同じくして開催した「コミックマーケット84」、Twitterからはにわかに信じがたい情報が次々と流れてくる……。
その中でも最も衝撃的だったのが「気温47度、湿度98%」というもので、「いえ、それもはやお湯ですから!」と逗子から突っ込んでいたわけですが……。

行って参りました。日曜2日目。

かねてよりコミケ(以下略させて頂きます)は行ってみたいと思っておりましたが、毎度何かしかの予定に阻まれ(あれ、家で仕事してた気がする……?)これまで参加出来ずじまいでした。

昨日は夕方から友人の川原翔くんの舞台「猫型ロボット大戦争」を見に行く予定だったのですが、17時開演ということで……強行可能と判断した私は、ついにコミケデビューを果たしたのでした!

まず、初心者の上、主な目的は「雰囲気を楽しむ」事と、お仕事でお世話になっているイラストレーター様に、この機会にご挨拶を……という感じだったので、とにかくスムーズに会場に入れて、1~2時間滞在できればいいと思いました。

なので、戦争の時間を避け、お昼ごろ到着を目指したのですが、なんだかんだで国際展示場駅についたのは13時半を回っておりました。
ホームはすでに歴戦の勇者たちで溢れており、壮絶な会場に想いをはせながら駅を出たのですが、「すでに駅を目指す長蛇の帰宅列」が目の前に。延々と。
あ、これ予定より早く出ないと舞台間に合わないかも……。帰りの混雑なんて全く考えていなかったのです。
皆さん16時まで会場にいるものだと勝手に思っていました。いきなり洗礼。

意外に遠い国際展示場を目指しながら、まだまだこれからの人結構いるんだな……と思いました。
14時近くの到着なんて、もはやコミケなめてんのそんな時間に来る奴いねーよ的な雰囲気かとおもいきや、そうでもないのですね、と独り言。

国際展示場の階段を登ると、コスプレイヤーの皆さん!
じっくり見て回りたかったのですが、帰りの行列に完全にビビった私は、後ろ髪を惹かれつつ中へ。
……あれ、国際展示場ってこんなに広かったっけ? てか、会場、どこ……?
二度目の洗礼です。そもそも下調べ0ですから。怒られる、怒られるよこれ。すみません。

とにかく人の多い方に進んでいったら間違いないだろうと(人しかいないんですけど)ぐんぐん進むのですが、ある異変に気づきました。

……汗が、止まらない。あれ、なんだ、シャツすっごい濡れてるんですけど……?

ハンドタオルをずっと握りながら汗をふきふき進んでいたんですが、すでに結構しっとり。
普段はさすがにこんなことないのに。
この時あの数字が頭をよぎりました。

「気温47度、湿度98%」

ああ、納得。これなんですね。

もはやどうにもならないので、お湯の中に突っ込むぞーー!というわけで歩調を早めましたら、ありました。
会場です!
とりあえず、東って書いてある。これはきっとTwitterでよく見ていた「東~~の~~」の東でしょう!
ということで突入!!

そこには、ブースがところ狭しと密集した、まさに噂に聞きし「コミケ会場」が広がっていました!
「げんしけん」思い出す!

ここもじっくり見て回りたかったのですが、時間もないので、メモっておいたブースへ突進です。
「あれ、でもこれどうやって探すんだろう……」

「げんしけん」では、なんかものすごく分厚い鈍器みたいなパンフレットもらっていた気がするんだけど!
……私、手ぶら。そもそも、あれどこでもらうものだったんだろう。
一瞬途方にくれましたが、毎年スタッフさんが素敵な仕事をしていると聞くコミケ運営陣、何かしらあるはずとキョロキョロしましたところ!

壁に地図貼ってありました。
そらそうですよね。うん。

まず目指したのは、kakaoさん@kakao_3percentのブース。
可愛らしいお顔に、ぷりぷりもっちりしたぼでーと肌感がたまらないイラストレーター様です。
会社のお仕事では、もうすでに一年以上のお付き合い……。
でも電話で一度お話したきり。あとはメールベースのお付き合いで、お会いするのはもちろん初めてです。
ドキドキです。

ブースはなんなく発見できました!
が、kakaoさんはちょうどあいさつ回りに出られているということで、残念。
ひとまず、人生初薄い本げとーー!です。先ほど見ましたが、やっぱり可愛い!薄いよ、もっとみたいよー!
冬コミとこれからのお仕事に期待です。

次に目指したのがにもしさん@nimonoのブース。
こちらもかわいらしぃぃぃ線と、淡くて独特な着色をされるイラストレーター様です。
人気のある方で、お仕事させて頂いたのは数案件ですが、とても素敵なイラストレーター様なのです。
もちろん会うのは初めて。緊張。

こちらはすぐにお会い出来ました!
ああ、お声は電話で聞いたことがありましたが、人柄が滲み出た素敵な女性!
残念ながらお昼で完売してしまったということですが、ご挨拶だけさせて頂きました。
冬コミは間に合いたい!

その後本当にちらっとあたりを回りつつ、kakaoさんとついに邂逅!
長身メガネイケメンだったとは……!素敵!
お話に華を咲かせつつ、冬コミでの再会を誓いました。(一方的に)

お買い物は全くしてませんが、今回は会いたい方に会えたし、ということで潔く会場を後にし、レイヤーの皆様の間を少しだけゆっくり通過しながら、駅に向かったのでした。

意外にすんなり乗れて、最初のあれは杞憂だったなぁと思いながら、私の初コミケは終了しました。
次も是非来たいなぁと思うのですが、私的には参加でなくていずれ「出店」してみたいなと、思いました。
どのような作品がいいのかはまだなんにも決まってませんが、来年の夏、挑戦してみたいなー!

夏のお祭りに参加出来て、またよい思い出ができました!


あけましておめでとうございます、退職いたしました、というお話。

ご挨拶が遅くなってしまいましたが、あけましておめでとうございます。

 

さて、予てよりお話しておりました、私の「お仕事」のお話ですが。

先月12月27日をもって退職いたしました。

 

落ち着いてからお話しようと思っている間に年を超え、正月の魔力に絡め取られて今に至ります。

 

退職したお仕事については、またいつか語ろうと思います。

一つ述べるとするならば、私の「今後のお仕事」に当たってのスキルを身につけることができた場でもありますし、これからも続いていくであろうというつながりができた場でもあり、新しい人生を考えることができた場でもありました。

最近登場する「師匠」はこの職業の先輩であり、文字通り人生の師匠です。

師匠も1月末で退職し、独立されるということで、今後は一緒に何かを作る機会も多々あると思います。

どこかでご紹介できたらなぁと、思っています。

 

私は今、実家におります。

フリーランスとして生きていくにあたって、幸いなことにすでにお仕事を頂ける先があるのですが、やっぱり最初のうちは不安ということで、帰ってきました。

故郷も両親も愛していますが、戻ってくることはないだろうなぁと思って上京していた私としては、まさか自ら帰るという日が来るとは思っていませんでした。

PC一台で仕事ができてその対価が得られると分かった瞬間から、「場の呪縛」のようなものから一瞬で開放されたのは事実です。

私が年齢を重ねたせいもあるかもしれませんが、拘りって、案外あっさり抜け落ちる瞬間が来るんだなって、思ったのでした。

拘りを否定しているわけではなく、「譲れないもの」と「実は譲れるけど意地になっているもの」は違って、後者はすっと消えるタイミングがあるのかもしれない、ということです。

 

秋田の雪深い街で、お蕎麦を食べたり、お蕎麦を食べたり、お蕎麦しか食べてない気がしてきました。あれ……。

 

実家の食事は質素です。

もう両親がいい年で、昔からそういうお家でしたが、おせちもお雑煮もお餅も食べておりません。

全然平気です、そういうものだと思って育ったので。

すっごくボロ屋で、お風呂は足が伸ばせなくて、ボットン便所と呼ばれる非水洗のトイレですが、ここは気兼ねなくのんびり出来る私の家なんだなぁと、しみじみしているのです。

 

のんびりしすぎて、時間的に超余裕な原稿を駆け込みで仕上げるという事態も発生しましたが、今後はこの緩い雰囲気と日々戦っていかねばならないので、早くも洗礼を受けた気分です。

これからは毎日ブログを更新するぞ!

……と言いたいところですが、すでにありがたーーい仕事が待ち受けており、あんまり大きなことを言うと自分の首を締めそうなので、2014年も変わらずマイペースで更新してまいります。

 

こんな私の、不定期な記事を読み来てくれるあなたにも、良い一年が訪れることを祈念して、年頭のご挨拶を締めさせて頂きます。

 

本年も、綾瀬みうとその活動を、どうぞよろしくお願い致します。