CRUNCH MAGAZINEのご紹介、というお話。

去年の下書きを引っ張り出してきました……。
CRUNCH MAGAZINEという投稿サイトに登録した際に書いた記事の続きなのです。
一体、CRUNCH MAGAZINEってなんぞや?について、簡単にではありますが、ご紹介します!

 

書き手と読み手をつなぐSNS

CRUNCH MAGAZINE (クランチマガジン) は、作品を通じた書き手と読み手の素晴らしい出会いを引き起こすことを念頭に設計された、まったく新しいソーシャルメディア・プラットフォームです。誰でも簡単なステップで自分の作品を投稿し、読者からの反響を獲得することができます。

CRUNCHERS Inc. HP より引用-

 

すごく乱暴に言ってしまうと、「小説投稿サイト」です。

小説投稿サイトというと、「小説家になろう」などがありますが、いったい何が違うのか?というところですよね。

 

それを説明するためには、CRUNCHERS Inc.の代表であり、小説家でもある、石井大地さん(筆名は今村友紀さん)を紹介する必要があります。

 

石井 大地

1986年生まれ。開成高校卒・東京大学文学部言語文化学科卒。
東京大学在学中の2005年より、モバイル&ウェブアプリケーション開発と教育事業を運営する株式会社ユニークに参画。同年より取締役、2007年より代表取締役を歴任。全社のマネジメントに加え、大規模データベースやアプリケーションUIの開発等を手がける。また、数多くの出版社との電子書籍・スマートフォン関連アプリケーションの共同開発プロジェクトにも携る。
2005年より継続的に教育・ビジネス関連書籍を多数出版し、この領域だけでも著作は十数作に及ぶ。
2011年には第48回文藝賞(河出書房新社主催)を受賞し、筆名・今村友紀名義で小説家としてもデビュー。『クリスタル・ヴァリーに降りそそぐ灰』「バスチオン公園の馬鹿たち」『ジャックを殺せ、』など、精力的に作品を発表し続けている。

-CRUNCHERS Inc. HP -メンバー紹介-より引用-

 

私が初めて出会ったのは、ゲンロンカフェのイベントでした。

中村航×海猫沢めろん×飯田一史×今村友紀 小説の面白さを科学する。 ~創作術、最新マーケット動向、データ分析から見えるもの~

非常に熱いイベントだったのですが、このときに今村さん(石井大地さん。以下、執筆名の飯田さんと表記します。)が何のお話をされていたかというと、CRUNCHERS Inc.がどんな会社か、何をしようとしているのかに始まり、「売れている小説を分析してスコアリングする」という内容でした。

今村さんは文藝賞作家でありながら、考え方や言っていることが、どエンジニアでびっくりしたのを覚えています。
CRUNCH MAGAZINEもご自分達でコード書いて作ったっぽい雰囲気をTwitterで拝見していたので、一体本当はどっちの畑の人なんだろう……? という感じです。笑

小説をスコアリング、というとまぁネガティブな意見に晒されそうなネタではあるのですが、今村さんの提唱しているロジックが非常に納得の行くもので、かつ真摯というか、敬意もしっかり払われている印象だったので、私はあまり抵抗がありませんでした。

全文レベルで解析して、多く使われる言葉であったりとか、文体であるとか、そういうものから傾向を割り出していくことで、「あなたの小説は村上春樹タイプです。」というようなことが分かったり。
興味の尽きない挑戦をされている方です。

そんな今村さんが立ち上げたCRUNCH MAGAZINEは、だからこそこれまでの投稿サイトとは異なる着眼点で成立しているんだと思いました。

書き手から読み手の顔が見えることであったり、自分の作品にものすごくストレートに反応が返ってくることだったり。

閲覧数だけでないスコアで、ランキングが形成されていて、「いたずら」でわざと低くつけた評価などは判別してカウントしないロジックになっていたり!

ほんのちょっとだけ、記事を移植してみただけで、様々な反応があって、これはすごいかもしれない!と思った綾瀬です。(それ以降触れてないんですけど……ううう。)

仮想通貨的なポイントもあり、貯めたり使ったりすることも出来ます。
このポイントで「作品を売る」事もできるのです。

まだ、全然しっかりと使い込んでないので、あっさりした紹介になってしまいましたが、ちょっと新しい投稿サイト「CRUNCH MAGAZINE」。
たくさんの作品がUPされているので、是非ご覧になってみてください。

ちなみに私のページはこちらです……。

 

そして、きっと忘れられているだろう、こんなリストがありました。

以下、綾瀬の、綾瀬による、綾瀬のための今後の(忘れてないよ)執筆予定。

・東浩紀さんのフクイチ本のイベントへ行った感想。

・家入一真さんの「もっと自由に働きたい」の感想の続き。

・津田大介さんの「メディアの現場」の感想。

・昔流行った「100人の村」について、フォロワーさんと約束してる記事

・森見登美彦さんの「夜は短し歩けよ乙女」の感想。

・そろそろ艦これについて一度記事にしてみようかな。

・自炊代行使ってみた!→データが入稿されました!

・家入一真さんの「こんな僕でも社長になれた」の感想。

・不可思議くん、について思ったこと。

・バカテスも読まなきゃね。→新刊届いた!

・コンプティーク読んでみた感想。

・村上祐一さんの「ゴーストの条件」を読んだら感想。

・ソーシャルゲームと二次創作を考察する

・「鎮守府のすすめvol.2」買いました!

・CRUNCH MAGAZINEのご紹介!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.