『きみとのなつ。~音羽美和』がリリースしました!&『きみがとなりにいた。~音羽美和』YouTube体験版の視聴回数1000回ありがとうございます!

長ったらしいタイトルで恐縮ですが、完全なる出オチ、これですべてです。

まず7月25日より新作となる『きみとのなつ。~音羽美和』がDLsiteにて販売中です。
今回は前作の2倍のボリューム、かつより挑戦した内容になっています!

ロケに行ったお話は配信内などでしているかと思うのですが、それはフォーリーという環境音を撮るためだけではなく……
その中で、演技をしてもらうためです。

前作はスタジオ録音とフォーリーのMIXでした。
きれいに声を録る、という考え方でいうとこれが正解なのですが、より「リアル」と「臨場感」を追求するために、敢えてやらないことをやってもらいました。(プロを説得して笑)

想定通りノイズとの戦いではありましたが、なかなかない感じの作品に仕上がったのではないかと思っています。

ちなみに花火のシーンの先輩役は私で。
チャッカマンで火をつけたり、花火を渡したりしつつ、美和ちゃんの彼氏気分を味あったわけですが、ノスタルジーでなんか死にそうになりました。笑

そのあと、みんなで余った花火をしたのですが、思えばいつぶりなんだろうな、みたいな。
いつ見ても。線香花火だけは、変わらず何かを思い起こさせる存在だなぁと。

花火のシーンは、実は全部羽野ちゃんのアドリブです。
ざっくりした台本はあったんですが(ご購入してくださった方は見ているかと思いますが)最終的には全部なしで、やってもらいました。

あのシーンがやけに生々しいのは、そういう理由もあると思います。
美和ちゃんが本当に生きている感じがして、お気に入りのシーンです。

YouTubeに視聴版もUPしているので、ぜひ体験してみてください!

そして……。

前作となく『きみがとなりにいた。~音羽美和~』のYouTube視聴回数が、なんと1000回を達成しました!
私のチャンネルの中で、圧倒的なナンバー1コンテンツになりました!

「配信を通して私を知っていただき、作品にたどり着いてほしい」と言っている私は、現在ゲーム配信などをしながら絶賛知ってもらう期間なわけですが、そんな中、普段の配信よりも作品の視聴数のほうが多いというのは純粋にうれしいことです。

音声作品だけでなく、書物の方も増やしていきますので、何卒よろしくおねがいします!

以上、配信に羽野ちゃんをゲストで呼べないかと画策しているayaseでした。


私は特にすごくないけれど、何かになれないと決まったわけではない。

「フリーランスってすごいですね。」

すごくはありません。会社を辞めればいいだけです。

「自分で仕事を取るってすごいですね。」

すごくはありません。知り合いがいればなんとかなったりします。

「何かを作り出せるってすごいですよね。」

すごくはありません。その能力は誰にでも備わっています。

「自分の力だけで生きていけるってすごいですね。」

すごいのでしょうか。必死になれば何ごともなんとかなります。

元々、自己評価が高い方ではありません。
それを差っ引いても、私が特別な人間だとも思えないし、すごいことをやっているとも思っていません。
運がよかったな、恵まれたな、というのは強く思うので、お世話になった方には感謝しています。
今、私の作品を手にとったり、配信を見てくれる方にも、感謝しかありません。

何が言いたいかと言うと、自分の能力や才能を過大評価できるほど、若くはないということです。笑

夢を見るのも覚悟が必要で、日々、「あんなこと言ったけど、大丈夫?」と嗜めるようにささやく私がいます。
頑張ったからなんとかなる、というものでもなく、仕事で「数字」をたくさん見ていたので、私の行動が甘いことや突き詰められていないことは痛いほどわかっており、日々漫然と続けてるだけじゃない? と思うこともよくあります。

それでも、止まらないことが、私の中で重要です。
「つべこべ言ってないで、まずはやろう」が私の中で今、一番比重が高い。
なぜなら、クオリティやロジックにこだわって「後回し」にすると何もアウトプットができなくなるからです。

そうなると、自己の創作を専業にできていない私は、「何もしてない」のと同義になるんです、外から見たら。

ですから、「創作しているayase」を表出させるために、頻度と継続をテーマに今、生きています。

本当はもっとこうしたい、あれがしたいこれがしたい、がありますが。
わがままは言っていられないのが現状。

現実も嫌というほど見えていますし、「底辺」とか煽られても何も言い返せないのが真実です。

勝ち負けで言いたくないですが、勝率がものすごく低い土俵に立っているのは自覚していますし、私の戦闘力が低すぎるのもまた自覚しています。

でも。
だからといって、戦っちゃだめな理由にはならない。

きれいごと言ってますけどね。
でも、土俵は最後まで立ってた人が勝ちなんです。

以上、手の届く範囲の人には幸せになってほしい、という師匠の言葉を継承して信条としているayaseでした。


YouTubeのチャンネル登録者数が100人を突破しました! & Mirrativ始めて半年になりました!

「ayaseってなんでチャンネル登録者数非表示にしてるの?」

ええと、理由はなくもないのですが、その数にそこまで意味を感じていないから……です。
その割に、外からは判断基準にされがちなのがチャンネル登録者数なので、なんとなく隠してます。笑
まあ、私のチャンネルにパワーあるかどうかなんて、再生数見ればわかることなので! それでええやん! です。

ですので、昨日の配信を見てくれた方しか知らない情報なのですが、昨日2020年7月14日で、

チャンネル登録者数が100人を突破しました!

YouTubeに初めて動画を投稿した3月30日から数えて3ヶ月半での到達となります……!
早いか遅いかという話をする気はなくて、ただただ、みなさんのお陰でこの大台に到達できたこと、心からの感謝を述べさせてください!

崩壊3rdの配信から来てくれた方がほとんどだと思っていますが、それも含めて私という存在に興味を持ってくれた方が100人もいるということに、喜びを感じます、マジで。

最近、少しずつですが歌やら文章やらで我を出していますが(笑)崩壊の配信はもちろんこれからもやっていきますし、miHoYoさんは心から応援してますので原神もリリースしたら配信したいです!

それと合わせて、昨日の配信でも話しましたが、私の得意なジャンルなどの動画も出したりしつて、より私を知ってもらうきっかけを散りばめながら、少しずつ私の作品にたどり着いてくれる方が増えたらなと思いながら、これからも日々配信していきたいと思います。

(ちなみに今のところはこんなものがあります……!)
『きみがとなりにいた。~音羽美和~』 (今見たら30%OFFだった!)

作品はnoteで展開してます!

そしてそして、Mirrativも配信を初めて半年になりました!
(って、Mirrativさんに通知されました。笑)
元旦から始めてますので、厳密には6月いっぱいで半年なのですが、おやすみした期間なども計算した実数なのかなと思います。

YouTubeを始めた当初は少し疎かになってしまったのですが、最近は同時配信ができるようになったので、どちらがメインということもなくできているかと思います。

やっぱりスマフォだけで配信できるのは強みで、(YouTubeはお家にいるときに機材に囲まれながらでないとできないので……)これからも出先とか、どうしても帰れないときの味方として頼りにしてます!

チャンネル登録者数はあまり重視していないと言いつつ、やっぱり収益化ができることは大きくて。
私は普段はフリーランスで仕事をしていますが、最終的には自分で生み出したものを通していただけるお金で生きていけるようになりたいので。
(そうすることで自分の創作に集中できるから)
配信もその一環と真面目に捉えて、地道にやっていきたいです。

次は……300人、ですかね!笑
刻みつつ、目指してがんばっていきます!

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします!!!

以上、実はこのブログはあんまり出番のないオンラインMTG中に書きましたayaseでした。


リアルタイム執筆配信で書いてる、『あおいはる。』ってどんな作品?

崩壊3rdで始まり、崩壊3rdのユーザー様方に良くしていただいているayaseのチャンネルですが、徐々に始めた自己主張の一つに「リアルタイム執筆配信」があります。

よく、イラストレーターさんがやられる、作業配信・お絵かき配信の要は文章版です。
あまりやられている方はいない?印象だったので始めてみました。
というのと、なかなか自分のための時間が取れない日々になってしまっているので、文章書くにはもはや配信の時間削るしかなく、それは嫌なのでと行き着いた結果がこれです!!!

もちろん、配信で書いたものは、一番はじめの「とりあえず一旦書く」の状態で未推敲です。
後に推敲をしてからnoteにあげるわけなのですが、絶対に違うものになります。ビフォー・アフターを比べられるという意味ではちょっと面白いかもしれません。

ちなみにnoteはこちら。

で。
「こいついきなり書き始めたけど、そもそも何書いてんの? いきなり石橋茜とか名前出されてもわからんがな。」

その通りです!!
視聴者の方々を疑問の海へ突き落とす不親切配信者ayaseがこれから説明させていただきます。
配信でも何度か喋ってはいますが、文章にしておいたほうが絶対把握しやすいですからね。

まず、「あおいはる。」はコミックマーケット87にて、サークル『GIRL/Fri.eND』が発刊し、以後断続的に続いている同人小説です。
企画原案、発刊時の監修は赤神音羽(私の師匠、前はペンネーム違いましたけど、本人の以降でそっちは伏せます笑)
執筆は私、恵世実雨(旧ペンネーム:綾瀬みう)でございます。

31人のJKが織りなす、いわゆる青春群像劇的な世界観ですが、実のところは実験小説です。

31人中、任意で抽出された二人によって展開する、テーマに沿ったオムニバスを積み上げて一つの作品にするというスタイルで描かれます。
これによってやりたかったのは、「1人の女の子を30人の女の子の視点から描写する」ことです。

みなさん、家族の前、友人の前、恋人の前、バイト先の先輩後輩の前、職場の上司の前では、別の喋り方・表情で接しますよね?
好き嫌いだって態度に出てしまうはずです。

アニメ・マンガ・ゲームのキャラクターは設定からの逸脱が難しく、ロリババアは誰の前でも「妾はお腹が空いたのじゃ~!」って言うし、ツンデレは一生ツンデレです。
「変化」「成長」は物語上の重要なイベントに位置づけられているので、日常的にメタモルフォーゼしないんですね。

でも、思い出してみてください。
クラスの生徒誰に対しても、同じ「自分」で接することってできましたか?
全く喋らない人、いませんでしたか? なんとなくキツくあたってしまう人、いませんでしたか?
それが、人間っていうもののはずなのです。

だから一人称がぶれたり、口調が変わったり、態度が明らかに違ったり、キャラすらも違う可能性があるさまを描くことで、一人の女の子をより深堀りできるのではないかと考えたのです。

ちなみに、これは師匠が言ったことですが。
「推敲しきれないし整合性も取り切れないだろう。どうしても発生してしまうノイズを許容するシステムでもある」ですって。ほえー。

とまあ、そんな思想でやってましたが。

これ大変なんですよ。

(ayaseと師匠は自分の首絞めがち。)

その後、仕事で忙殺された我々は手を止めてしまったわけなのですが…
全くやりきれていない未練はずっとありました。
なので、こうして、リブートしたわけです。

ほんと、まじで、大変なので。またくじけるかもしれませんが。そのときは、
「おいおい、先気になってんだからサボってんじゃねーよ。」という声を期待しております。

そのためにこうして配信でさらけ出しているという狙いもあるので!
(ayaseは自分の首絞めがち)

というわけで先はとってもながーいですが、今後とも「あおいはる。(小説の方)」をよろしくお願いします。

以上、配信で偉そうに小説について語ったので若干ビビってるayaseでした。


ayase、文章書けよ。

習慣にするって本当に難しい。

私も小さい頃からずっと戦ってきたし、今現在、取り組んでいる方はたくさんいるんじゃないかと思います。
毎日筋トレしようとか、英会話の勉強を30分だけしようとか、ダイエットのために大盛りをやめようとか。

なかなかできないですよね。

そもそも人間の体には恒常性があります。
環境に影響されず体内が一定に保たれるように身体が頑張ってることを言いますが、行動もまたそういう節があって。
変化を嫌うし、新しいことを始めても元に戻ろうとするんですよね。
習慣化するには、無意識下にその行動を刷り込まないといけないらしく、とにかく簡単じゃないんですよ。

そんな私、ほぼ休まず配信できるようになりました。

数年前、創作活動を休止してしまう前は、毎日ショートショートをネットにUPしようと頑張ってて、ある程度はできていたんですが、途絶えてしまいました。
どれくらいの期間、がんばれていたかはちょっともう覚えてないのですが、配信は元旦に初めてついに半年が経過しました!

仕事は、正直言って嘘でも暇とは言えない状態です。
でも今は、それでも負けたくないし、意地のような気持ちも出てきている。
とにかく続けたい。絶対に。

私にとっては嬉しい変化だし、本当にモチベーションと意義を持ってやれてるってことなので、このまま目的と目標と夢に向かって突き進みたいです。

でね。

配信、なんでやってるかって言うと。
無名な私がみなさんに知ってもらうため、興味を持ってもらうため、(好きになってもらえたら超たなぼた)その後に私のアウトプット、作品にたどり着いてもらいたいからなんですけど。

作品あんま作ってなくね?

そうなんですよ・・・

lithiumで音声作品作ったり。
やっと執筆配信を通してGIRL/Fri.eNDの作品「あおいはる。」をリブートしようとしてたりしてますが。
圧倒的に物量少ないですよね・・・。

というわけで。

せめてブログできるだけ毎日書けるようにしていきたいと思います。
絶賛首絞めてますが、「配信後にすぐ書くようにする」というルールにすることで、配信は絶対ほぼ毎日してるからブログも毎日書けるようになるんですよ。

これ、イフゼンルール(If Then ルール)ってやつなんですけどね。
オススメです。

というわけで、サボってたらぜひ「ayaseブログは?」って言ってください。

以上、配信のためだけにコンタクをつけ、コスプレイヤーさん御用達のリングライトで顔を照らしながら(すべては顔面キャプチャーのため)夜な夜な猫にいじめられながらマイクに向かって話しかけてるayaseでした。


ayaseが動いた!!【圧倒的感謝】

このブログで、初めて全身イラストを披露してから約2ヶ月、イラストが出来上がってからは5月。

随分と引っ張ってしまいましたが、とうとう私の「新しい姿」が動きました!

どういうことかと申しますと、イラストをヌルヌルと動かすLive2Dという技術で作られたアバターを、さらにfacerigという己の表情と連動させる技術により、今まで顔出ししていなかったayaseが、デジタルな姿によりついに顕現したということです!!

わかりづらいですか? YouTube見てください!(確信犯)

先程、無事おひろめ配信も終わりまして、これを書いております。

暑苦しい再・自己紹介動画にも負けずとも劣らない感じで約一時間自分語りをしており、ついてきてくれた方には感謝しかないのですが、つまりそういうことなのです。

今後も同じ話を何度もするかと思いますが、個人的には大事なことなので何度もお伝えしたく、何卒ご理解いただけましたら幸いです。

私は、諦めたり、横においてきてしまっていたことをもう一度、再起動・再始動させたいと思っています。
そんな気持ちに再びなれたのは、アバターを着て自分とは少し立ち位置の違う存在になれるというこの文化と、実際の生まれてくれたこの姿のお陰です。

改めて、それらすべての事象に、心からの感謝を述べさせてください。
そして誰よりも。
この新しい姿を一緒に作ってくれたなぎかわみんさん
動きを与えてくれた小林 紗近さん
本当にありがとうございます!!

Zeppでワンマンやるなんて無茶すぎるのは百も承知ですが、私が抱える解消できない問題のせいでスタート地点にすら立てないことがもう決まってしまっているリアルワールドから一歩外に出ることで、ひとつまみくらいのチャンスが生まれたのなら、それはもう僥倖なのです。

人生二周目を、楽しく駆け抜けたい。
その先に待っているものは、正直本気でわからないので、わからないなら笑いながら突き進んでやろうと思います。

最後に、私の気合と見栄が大いに反映された、なぎかわみん さん作のキービジュアル的立ち絵と、Live2Dを超いい感じに仕上げてくれただけでは飽き足らずに小林 紗近さんがプレゼントしてくれたイラストをご紹介します!

以上、ついついアバターが可愛く見える角度を探してしまうayaseでした。


ayaseそろそろ動くってよ

前回の記事から一ヶ月が経っておりますが、お話していたアバターがほぼ完成しました!
「ほぼ」というのは、私の調整が終わっていないので、制作者様にフィードバックを返せていないからです・・・
(調整よくわからん助けて)

というわけで、もうちょっと、あとちょっとで、動きます!
そしたら宣言通り、自己紹介動画を取り直して、顔出し(アバターの)で配信していきますので、どうぞよろしくお願いします!
あ、もっかい貼っときましょっか。

思えば、なんか夏っぽですね・・・笑
狙ったわけじゃないけど・・・

というわけで、Live2D初配信お楽しみに!!


新しい私のお話をさせてください。

今年の1月1日より、Mirrativで配信を始めた私ですが、どうしてその場所を選んだかについては理由がありました。

まず、すぐ始められる、手軽にできること。
いきなり配信を始める自分に取って、何か取っ掛かりが必要だったこと。
声に自信がなかったので、練習の場がほしかったこと。

そして、簡単にアバターが使えること。

Mirrativはスマフォ一台で配信が可能です。
今でこそPCから毎日YouTube配信をしていて、だいぶ慣れたとは言えやはり「手軽に」できるものではありません。
まずはなるべく負担を軽くして、毎日続けるハードルを下げたいと思った私にとって、Mirrativはとてもちょうどよい配信体験をさせてくれました。

配信を始めたらやりたいことやイメージはありました。
でも、何者でもない私がいきなりそれをやったところで、誰にも見向きもされないだろうことは火を見るより明らか。
何かしら、私にアクセスしてもらうためのきっかけが必要でした。
ゲーム配信に特化したMirrativは、タイトルを通して配信を見に来てくれる方がたくさんいます。
私という人間ではなくて、ゲームタイトルが目当てだったとしても、裸一貫で始めるよりは遥かにチャンスがある。
そう思って、好きだったけどなかなかやる時間がなかった崩壊3rdを選び配信を始め、お陰様でたくさんの方に出会うことができました。

YouTubeで配信する、ということは決めていました。
けれども、いきなり飛び込むにはハードルが高かった。
なぜなら、私は自分で表に出ることに自信がなかったからです。
特に声。
兄が2人いますが、歳の近い方のお兄ちゃんに、それはそれは結構似てしまって、地声が、低いんです。
兄は好きですが、自分の声はあまり好きじゃなくて。
だから、まずどんな反応をされるのか知りたかったし、地よりちょっと高めの声を出す練習をしたかった。
やっぱりダメだと思ったら、アカウントを静かに削除して去って、声に自信がつくまで磨き直そうと思っていました。
幸いなことに、今この記事を書いている時点でのMirrativのまいにち配信の日数は116日になりました。
ごくたまに「いい声ですね」と言っていただけて、実は震えるほどうれしいです。

私は、誰になんと言われようと見た目に自信がありません。
ほんの少しだけ音楽をやっていた時期がありますが、早々に挫折した理由の一つに、やっぱり人前に出るのがキツかったというのがあり、大きな割合を占めてもいます。
とてもではないですが、顔は出せません。
私の外見についての友達からの評価は優しいものですが、だからといって私が胸を張れるようにはならなかったし、自信を持つことが未だにできていません。
これからもやはり、顔だけは、出したくないです。
そんな私に勇気をくれたのが、キズナアイちゃんです。
彼女が生み出した文化によって、私のような人間でも、現世で別の姿を得ることができる時代になったんです。

それからぼんやりと考えていたことがありました。
去年末、その気持ちがとても大きくなりました。
そして、もう一度だけ、夢を見てみたいなと思いました。

Mirrativのお手軽に作れるアバターは、私に初めての形を与えてくれたものです。とっても感謝してますし、気に入ってます。
たとえ、同じパーツで同じ顔が作れるとしても、それでもお気に入りです。

前置きが長くなりました。

私は、配信をするにあたって、決めていたことがあります。
それは、私だけれど、別の私の姿でもう一度がんばってみたいということです。

実は、1月の時点でそれはできあがっていて、Twitterのアイコンで一部だけお見せしていたんですけどね。
すべての準備が整ったら、なんて思っていたんですが、そんなにもったいぶる必要もないよなぁと思い。
月も新しくなることだし、公開しようと思いました。

ええと、これ、動き、ます。あと少しで。

はじめにお断りしておきますが、私はVTuberにも、VLiverにもなるつもりはございません。
れっきとした、恵世実雨という人間です。(ペンネームだから説得力が落ちるやつ)

人間が、アバターを着ているだけの、配信者です。
ただ、そのアバターが私に勇気とか希望をくれるのです。
私に新しい人生の姿をくれたなぎかわみんさん、本当にありがとうございます。

動いたら、あの音声がゴミみたいな自己紹介動画は撮り直します。
そのとき改めて、もう一つの夢とやらをお伝えしようと思います。

「顔出ししないの?」という質問に対する私の答えは、こちらになります。
これが私の顔です!!笑

それでは、今後ともmiumiu/恵世実雨を、どうぞよろしくお願いします。

今さらですが、実は赤が好きです。ayase miuでした。


初YouTube Live終了しました!

今年の元旦からMirrativにて配信を行っていた私ですが、プロフィールに「YouTubeで配信するために修行中」的なことを書いておりました。
そして先日、初めての動画をUPしたわけですが、ついに今日、YouTube Liveデビューしました!

師匠とそのスタッフさんに環境構築とテストを手伝っていただきつつ、基本的には自分でがんばりました。
個人配信者の方々はこんな数のオペレーションを一人でやってるんだな……と感心しながら、よくお仕事で見ていたあれやこれはこうやっていたんだなと思いながら、なんとか配信できる状態までこぎつけました。

本当はMirrativとYouTubeでの同時配信をしたかったんですが、MirrativのPC配信の繋ぎがどうしてもうまくいかず・・・
やむを得ず、スマフォからいつも通り配信して、端末を机に転がしておくという暴挙に出ましたが、みんな察してYouTubeのほうに来ていただきありがとうございました・・・

これまたお仕事でよく見ていたコメント欄に自分宛てのメッセージが届くというのがとても不思議な感じがしつつ、ありがたさ爆発でございました。

MirrativはPCから閲覧するとコメントが打てなかったり、入室の通知が入らないので、今まで実はPCでこっそり見ていたよという方はぜひコメントをくれたらうれしいです。
やっとお礼が言えるので!

というわけで、今度こそ環境が整いましたので、日々の配信はYouTubeを中心に切り替えていきたいと思います。(Mirrativも、もちろん続けていきます!)

基本的には変わらずYouTube配信をしていくのですが、歌などもUPしていきたいなと思っています。
まずはいつもお昼にやっている15分枠の歌をダイジェストにするとか、そういうことから始めようかな・・・
あとは、なにか私らしいコンテンツを作れたらなと思っていますが、それは模索していきたいと思います。

忘れちゃいけないのは、私がどうして配信をしているのかということ。
それは、私の作品を手にとってもらうために、まずは私を知ってもらうためです。
肝心の作品作りもおろそかにならないように、やっていきたいと思います。

一週間以内に、音声作品の発表とnoteを始めます!
どうぞよろしくお願いします!

以上、YouTube Liveが終わったあと、スマフォのMirrativの配信を切り忘れて、よく切り抜き動画が上がっている「配信を切り忘れてお母さんに話しかけてしまうVTuber」みたいになりそうだったayaseでした。


お知らせが3つあります。(コミケ、lithium、YouTube)

なるべく毎日書きたいと思っているのですが、もう一週間以上空いてしまっていますね……。

その間に、世間では怒涛のように、日々いろんなことが起こっています。
世界を不安と狂騒の渦に巻き込んでいるコロナウイルス……。
その影響は日々、大きくなるばかり。

(志村けんさん、ご冥福をお祈りします。)

仕事への影響は、正直言ってかなりあるのですが、今はやれることをやるしかないし、毎日配信をさせていただいている立場としては、気分が滅入ったり、単純に暇な時間を持て余してしまっている方々の気が少しでも紛れればと思いながら、休まずやっていこうと思っています。
—–

コミックマーケット98中止について

御存知の通り、C98は中止となりました。
オリンピックが延期になったので、夏にビックサイトが使えるのでは? という淡い期待の声が当然ながら上がる中、延期はなく「中止」であるとのアナウンスです。

そして冬コミ、コミックマーケット99に関しても、オリンピック延期の関係で会場の利用状況が変わるため、現段階では開催できるか不透明な状況のようです。
(ちなみにコミケ運営さんは、オリンピック延期とコロナウイルスの影響で同人イベントが多く開催できていない状況を受け、「はよ会場の方針出してな」と語気強めにコメントもしておりました。)

私たちのサークル、「GIRL/Fri.eND」の参加はもちろんなくなるわけですが、作品を作ることはできます。

予定通り、作品を作って発表をしたいと考えております。
詳細につきましては、サークルページにて追って報告させていただきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。
GIRL/Fri.eND コミックマーケット98中止について

—–

同人サークル「lithium」の
Twitterアカウントができました。

3月末の作品発表を予定しておりましたが、現実的に4月上旬かな・・・と思い、ちゃっかり時期をずらして書いてますが、でき次第なる早でお届けします。

音声はもう出来上がってます!
初めての試みで結構挑戦した結果、いわゆる「ASMR」ではないものとなっているので、ボイスドラマだと思ってくれたら期待値ズレは起こさないかなと思います!
——

YouTubeやります!

今年の元旦からMirrativで配信を始めた私ですが、三ヶ月を目前にした昨日、とうとうYouTubeのチャンネルを立ち上げました。
(正確に言うと、ミスって作り直しました・・・)

YouTubeチャンネル – miumiu/恵世実雨

まずはゆっくり歩き出そうと思っているので、Mirrativでの配信とほぼ同じ内容になると思いますが、YouTubeのほうが慣れ親しんでいるよ、という方もいらっしゃると思いますし、なにより。
いつもPCからMirrativを見てくれている方は、入室の通知が届かないのでお礼を伝えることもできませんでしたし、コメントで参加もできなかった状況かと思うので、そういう方々とやっと繋がれるのかなと思うとうれしいです。

初めての動画は昨日の深夜に完成したのですが、深夜過ぎたので本日公開します。

今すぐ出してもいいのですが、あえて17時に公開しますね。笑
短い自己紹介動画(ド定番だけどやっちゃった)なので、軽い気持ちで覗いていただければと思います。

あ。音声がくっっそだったのですが改善できず・・・
日本語字幕推奨です!!(日本語の動画なのに)

以上、鮭の切身三切れのせいで冷蔵庫がお魚くさいayaseでした。