リアルタイム執筆配信で書いてる、『あおいはる。』ってどんな作品?

崩壊3rdで始まり、崩壊3rdのユーザー様方に良くしていただいているayaseのチャンネルですが、徐々に始めた自己主張の一つに「リアルタイム執筆配信」があります。

よく、イラストレーターさんがやられる、作業配信・お絵かき配信の要は文章版です。
あまりやられている方はいない?印象だったので始めてみました。
というのと、なかなか自分のための時間が取れない日々になってしまっているので、文章書くにはもはや配信の時間削るしかなく、それは嫌なのでと行き着いた結果がこれです!!!

もちろん、配信で書いたものは、一番はじめの「とりあえず一旦書く」の状態で未推敲です。
後に推敲をしてからnoteにあげるわけなのですが、絶対に違うものになります。ビフォー・アフターを比べられるという意味ではちょっと面白いかもしれません。

ちなみにnoteはこちら。

で。
「こいついきなり書き始めたけど、そもそも何書いてんの? いきなり石橋茜とか名前出されてもわからんがな。」

その通りです!!
視聴者の方々を疑問の海へ突き落とす不親切配信者ayaseがこれから説明させていただきます。
配信でも何度か喋ってはいますが、文章にしておいたほうが絶対把握しやすいですからね。

まず、「あおいはる。」はコミックマーケット87にて、サークル『GIRL/Fri.eND』が発刊し、以後断続的に続いている同人小説です。
企画原案、発刊時の監修は赤神音羽(私の師匠、前はペンネーム違いましたけど、本人の以降でそっちは伏せます笑)
執筆は私、恵世実雨(旧ペンネーム:綾瀬みう)でございます。

31人のJKが織りなす、いわゆる青春群像劇的な世界観ですが、実のところは実験小説です。

31人中、任意で抽出された二人によって展開する、テーマに沿ったオムニバスを積み上げて一つの作品にするというスタイルで描かれます。
これによってやりたかったのは、「1人の女の子を30人の女の子の視点から描写する」ことです。

みなさん、家族の前、友人の前、恋人の前、バイト先の先輩後輩の前、職場の上司の前では、別の喋り方・表情で接しますよね?
好き嫌いだって態度に出てしまうはずです。

アニメ・マンガ・ゲームのキャラクターは設定からの逸脱が難しく、ロリババアは誰の前でも「妾はお腹が空いたのじゃ~!」って言うし、ツンデレは一生ツンデレです。
「変化」「成長」は物語上の重要なイベントに位置づけられているので、日常的にメタモルフォーゼしないんですね。

でも、思い出してみてください。
クラスの生徒誰に対しても、同じ「自分」で接することってできましたか?
全く喋らない人、いませんでしたか? なんとなくキツくあたってしまう人、いませんでしたか?
それが、人間っていうもののはずなのです。

だから一人称がぶれたり、口調が変わったり、態度が明らかに違ったり、キャラすらも違う可能性があるさまを描くことで、一人の女の子をより深堀りできるのではないかと考えたのです。

ちなみに、これは師匠が言ったことですが。
「推敲しきれないし整合性も取り切れないだろう。どうしても発生してしまうノイズを許容するシステムでもある」ですって。ほえー。

とまあ、そんな思想でやってましたが。

これ大変なんですよ。

(ayaseと師匠は自分の首絞めがち。)

その後、仕事で忙殺された我々は手を止めてしまったわけなのですが…
全くやりきれていない未練はずっとありました。
なので、こうして、リブートしたわけです。

ほんと、まじで、大変なので。またくじけるかもしれませんが。そのときは、
「おいおい、先気になってんだからサボってんじゃねーよ。」という声を期待しております。

そのためにこうして配信でさらけ出しているという狙いもあるので!
(ayaseは自分の首絞めがち)

というわけで先はとってもながーいですが、今後とも「あおいはる。(小説の方)」をよろしくお願いします。

以上、配信で偉そうに小説について語ったので若干ビビってるayaseでした。


ayase、文章書けよ。

習慣にするって本当に難しい。

私も小さい頃からずっと戦ってきたし、今現在、取り組んでいる方はたくさんいるんじゃないかと思います。
毎日筋トレしようとか、英会話の勉強を30分だけしようとか、ダイエットのために大盛りをやめようとか。

なかなかできないですよね。

そもそも人間の体には恒常性があります。
環境に影響されず体内が一定に保たれるように身体が頑張ってることを言いますが、行動もまたそういう節があって。
変化を嫌うし、新しいことを始めても元に戻ろうとするんですよね。
習慣化するには、無意識下にその行動を刷り込まないといけないらしく、とにかく簡単じゃないんですよ。

そんな私、ほぼ休まず配信できるようになりました。

数年前、創作活動を休止してしまう前は、毎日ショートショートをネットにUPしようと頑張ってて、ある程度はできていたんですが、途絶えてしまいました。
どれくらいの期間、がんばれていたかはちょっともう覚えてないのですが、配信は元旦に初めてついに半年が経過しました!

仕事は、正直言って嘘でも暇とは言えない状態です。
でも今は、それでも負けたくないし、意地のような気持ちも出てきている。
とにかく続けたい。絶対に。

私にとっては嬉しい変化だし、本当にモチベーションと意義を持ってやれてるってことなので、このまま目的と目標と夢に向かって突き進みたいです。

でね。

配信、なんでやってるかって言うと。
無名な私がみなさんに知ってもらうため、興味を持ってもらうため、(好きになってもらえたら超たなぼた)その後に私のアウトプット、作品にたどり着いてもらいたいからなんですけど。

作品あんま作ってなくね?

そうなんですよ・・・

lithiumで音声作品作ったり。
やっと執筆配信を通してGIRL/Fri.eNDの作品「あおいはる。」をリブートしようとしてたりしてますが。
圧倒的に物量少ないですよね・・・。

というわけで。

せめてブログできるだけ毎日書けるようにしていきたいと思います。
絶賛首絞めてますが、「配信後にすぐ書くようにする」というルールにすることで、配信は絶対ほぼ毎日してるからブログも毎日書けるようになるんですよ。

これ、イフゼンルール(If Then ルール)ってやつなんですけどね。
オススメです。

というわけで、サボってたらぜひ「ayaseブログは?」って言ってください。

以上、配信のためだけにコンタクをつけ、コスプレイヤーさん御用達のリングライトで顔を照らしながら(すべては顔面キャプチャーのため)夜な夜な猫にいじめられながらマイクに向かって話しかけてるayaseでした。


お知らせが3つあります。(コミケ、lithium、YouTube)

なるべく毎日書きたいと思っているのですが、もう一週間以上空いてしまっていますね……。

その間に、世間では怒涛のように、日々いろんなことが起こっています。
世界を不安と狂騒の渦に巻き込んでいるコロナウイルス……。
その影響は日々、大きくなるばかり。

(志村けんさん、ご冥福をお祈りします。)

仕事への影響は、正直言ってかなりあるのですが、今はやれることをやるしかないし、毎日配信をさせていただいている立場としては、気分が滅入ったり、単純に暇な時間を持て余してしまっている方々の気が少しでも紛れればと思いながら、休まずやっていこうと思っています。
—–

コミックマーケット98中止について

御存知の通り、C98は中止となりました。
オリンピックが延期になったので、夏にビックサイトが使えるのでは? という淡い期待の声が当然ながら上がる中、延期はなく「中止」であるとのアナウンスです。

そして冬コミ、コミックマーケット99に関しても、オリンピック延期の関係で会場の利用状況が変わるため、現段階では開催できるか不透明な状況のようです。
(ちなみにコミケ運営さんは、オリンピック延期とコロナウイルスの影響で同人イベントが多く開催できていない状況を受け、「はよ会場の方針出してな」と語気強めにコメントもしておりました。)

私たちのサークル、「GIRL/Fri.eND」の参加はもちろんなくなるわけですが、作品を作ることはできます。

予定通り、作品を作って発表をしたいと考えております。
詳細につきましては、サークルページにて追って報告させていただきたいと思います。
どうぞよろしくお願いします。
GIRL/Fri.eND コミックマーケット98中止について

—–

同人サークル「lithium」の
Twitterアカウントができました。

3月末の作品発表を予定しておりましたが、現実的に4月上旬かな・・・と思い、ちゃっかり時期をずらして書いてますが、でき次第なる早でお届けします。

音声はもう出来上がってます!
初めての試みで結構挑戦した結果、いわゆる「ASMR」ではないものとなっているので、ボイスドラマだと思ってくれたら期待値ズレは起こさないかなと思います!
——

YouTubeやります!

今年の元旦からMirrativで配信を始めた私ですが、三ヶ月を目前にした昨日、とうとうYouTubeのチャンネルを立ち上げました。
(正確に言うと、ミスって作り直しました・・・)

YouTubeチャンネル – miumiu/恵世実雨

まずはゆっくり歩き出そうと思っているので、Mirrativでの配信とほぼ同じ内容になると思いますが、YouTubeのほうが慣れ親しんでいるよ、という方もいらっしゃると思いますし、なにより。
いつもPCからMirrativを見てくれている方は、入室の通知が届かないのでお礼を伝えることもできませんでしたし、コメントで参加もできなかった状況かと思うので、そういう方々とやっと繋がれるのかなと思うとうれしいです。

初めての動画は昨日の深夜に完成したのですが、深夜過ぎたので本日公開します。

今すぐ出してもいいのですが、あえて17時に公開しますね。笑
短い自己紹介動画(ド定番だけどやっちゃった)なので、軽い気持ちで覗いていただければと思います。

あ。音声がくっっそだったのですが改善できず・・・
日本語字幕推奨です!!(日本語の動画なのに)

以上、鮭の切身三切れのせいで冷蔵庫がお魚くさいayaseでした。


4年ぶりにコミケに出ます。

今回の5月はC98ですが。
最後にコミケに出たのは、C91でした。

C92は鼻息荒く申し込んだものの、忙しさに押しつぶされた私は一文字も書くことなく師匠のコピー本に助けられ、新刊を落とすことはなんとか免れたのですが。

それを最後に GIRL/Fri.eND も活動休止状態になってしまったのでした。

ずっと胸に引っかかっていながらも、このまま忘れていくのかなぁ、なんて思っていたこともありました。そうなりそうでした。

でも去年、自分の中で大切なきっかけがあって、もう一度やり直そうと思えたのです。

そんな一連の「やり直し」の一環としてMirrativで配信を始めましたが、すべての行き着く先は作品であってほしいと思っています。

配信は、自分の一挙一動がコンテンツになる素敵なものだと思っています。
それを通して私という人間に興味を持っていただけたのなら、その興味をもっと膨らませもらえるように工夫と努力を重ねる。
そして最後は、私の作品にたどり着いてほしい。
そのための道を作っていきたいです。

「あおいはる。」は31人の女子高生が織りなす青春群像劇、の皮を被った実験小説です。

人というものは、一面的な存在ではないと思っています。
家族に見せる顔、友だちに見せる顔、先生や上司、初対面の人その他、その場その場で少しずつ変化しているからです。

一方アニメやゲームのキャラクターは、基本変化しません。
物語の展開上必要な「トラウマの解消」や「障害を乗り越えて得る成長」はするものの、「~ですわ」という子は一生ですわって言ってるし、ツンデレはツンデレのまま死んでいきます。

でも人間は、一日のうちで一人称や、なんなら性格すら変わっています。

一人の女子高生を描くために、他の30人のクラスメイトと対話させたなら、そんなリアルに近い人間の多面性を描けるのではないかと考えて、始めた取り組みです。

実はそうすることで表記や台詞の一貫性が揺れても、ミスではなく機微に変わるんじゃないか、なんて思惑も合ったんですけどね。

更にネタバラシをしてしまうのであれば、最終的には登場人物の関係性と設定だけが独り歩きして、31人の女子高生の生活が私以外の誰かの手によって無限生成されていくシステムになってしまったら面白いなと思っていました。

それってまあ、二次創作なんですけど。
そうされうる魅力ある骨組みが表出して、広まればいいなぁなんて思ってました。

以上、私が考えたように語りましたが、師匠が尊敬している大塚英志さんのかつての仕事に着想を得て生まれた企画、です。
(企画は師匠です。)
ちなみに、私も負けず劣らず大塚英志さんのことは大好きです。
あと、自分の言葉として語れるくらいには体に落とし込んだので、実質私が考えたようなものです!(いやそうはならない)

今回は、そんな止まってしまっていた「あおいはる。」をもう一度書こうと思います。
ぶっちゃけまだ何も考えていません!
でも、誰と誰を絡ませるのかだけ決めてしまえば、自然に筆が走るんですよ、不思議と。
そう、それもそういう仕組にしたからなんですけどね。

ドヤりたいけどこれも師匠の発明だった、ちっ。

小説家になろうや、カクヨムでしていた連載記事はそのままなので、過去作にはアクセスできますが、一旦ここからのリンクは切っています。
私の中で、また一から整理が必要なので。

それが済んだら、もう一度リンクを復活させるのか、新しい場所に移していくのか、いずれにせよ方針を決めてご報告します。

暇だったら探してみてください。割とあっさり見つかると思います。笑

以上、プロットが終わらなくてブログで現実逃避をしているわけでは決してないayaseでした。