teamキーチェーン&EgHOSTダブル演出企画『SPAIRAL Cage』at THEATER GREEN・BASE THEATER に、行ってきました。

最近、師匠にやんややんや振り回されて割と東京にいる綾瀬です。
お陰様で原稿は捗ってま……せ……。

それもこれも師匠がゴリ押ししてきた『STEINS;GATE』のせいで!
私は!悪く!ない!……はず。

 

取り乱しました。

 

そんなこんなで今、東京です。またすぐ帰るんですけど。
せっかくいるからゲームショーに行きたいんですけど、別件で結局行けなくて……。
ヘッドマウントディスプレイでゲーム体験したい!したいのに!

 

話がそれました……。

 

ええと。
ええとですね!

そんな東京ゲームショーのビジネスデーな本日、私は師匠に連れられて池袋で観劇して参りました!
以前一度紹介した、川原翔くん@k_5336が出演しているという舞台です。

teamキーチェーン&EgHOSTダブル演出企画『SPAIRAL Cage』 というタイトルで、事前情報は一切なしです!!
ドキドキしながらの観劇でした!

 

私、未熟なのですぐネタバレしてしまうので……。
今日は絶対ネタバレしないように書こうと思うのですが。

 

まず、感想としては、すっごく引きこまれて、時間を意識しないで楽しめました!
100分の公演だったのですが、中だるみもなく、グイグイと物語にのめり込んでいるうちにクライマックスだった……という印象でした!

 

展開、よかったなぁ……。
ちょっと、難しいのかもしれませんけど、私はその謎解き感がすごく良かったし、途中で真相が大体読めたな-って思っていたけど、結末は裏をかかれたし!
それが飽きさせない要因だったのかなと思っています。

 

翔くんのお誘いで演劇は何度か見ているのですが、なんというか、やっぱり分かりやすいものが多い気がします。
悪い意味ではなくて、「伝える」という意味で、時代劇的シンプルな構造を構成した上で、裏切りや意外性を盛り込んでいくというのが上等なのかなぁ、なんて思っていた節がありました。
(あくまで、乏しい経験上ですよ……!)

凝る事が正義でないというか、やっぱり肉体一つに頼った表現の中で、いかに伝えるかというフィジカル性……。
そこでの「わかりやすさ」って大事なことなんだと思っています。

 

そういう意味で、今回は割とガチで凝っていた。と思います。
その分、想像力込みでしっかりと見れたし、フラグの散りばめ方も上手だなーって思いました。(これ重要。)

終わったあと翔くんとちょっとだけ話させてもらって「難しさ」みたいなことについてディスカッションできたのですが。
演劇特有の「現実と抽象を行き来する表現」とか、まさにわかりやすさの観点からは見せ方が難しいところで、ともすると意図から外れた印象を与えてしまったり、感受性が強い人は全く別の世界を見てしまったりという部分。

今回もそういう演出があるんですが(ちょっとネタバレかな……ごめんなさい……)
私はちょっと、別方向にいっちゃったタイプで。でも全体のお話の印象は、多分主題から逸脱しない範囲で受け取れたし。うん。

 

結末。好きでした。
正直、想像できる終わりが、いわゆる私の今まで思っていた演劇の方向なら……まぁ、結局そういうところでわかりやすく終わっちゃうのかな?というもので。なんとなくそっちに収束しそうだったんですが……。

おお!って感じでした! 結果、終わりよければ……じゃなくて、終わりもよくてすごくよし! でした!

人は選びそうですが。笑

 

なーんだか、全体的にふわっとした話でしたが、とにかく刺激的な100分でした! 創作意欲がもりもりと湧く時間になりました!
ネタバレに注意したのは……これがまだまだ続く舞台だから!
とにかく、これを読んでモヤモヤしたあなたは、お時間があったら足を運んでみて欲しいです!!^^

teamキーチェーン&EgHOSTダブル演出企画『SPAIRAL Cage』

あと2日!!
週末の予定が未定のあなた、是非に-!