ここ数日、のお話。

秋田帰省から朝の新宿、まっすぐに職場に向かい3日ぶりの仕事をする。

そしてその夜は再び荷造り。友人の誕生日イブの企画ライブを見るために、仙台へ行ってきました。

かれこれ、一年以上振りです。懐かしい人達と会い、鼓膜が裂けるようなライブを見て、朝まで楽しく飲んで。

翌日の予定は、帰るのみだったのですが、わがままを言って松島まで足を伸ばしました。

念願だった、牡蠣の食べ放題に行ってきました!matsushima01

松島さなか市場というところです。

2500円で牡蠣汁と牡蠣ご飯と、焼き牡蠣の食べ放題セット。

焼きあがった牡蠣をトングで取り、左手には軍手をして、ナイフで殻を開ける。

熱い汁が出てきて、やけどしそうになったりしたけれど、次第に手際よく開けれるようになり、「働けるじゃん!」と友達に言われながらお腹いっぱい食べてきました。

お世辞にも身は大きいとは言えませんでしたが、まだシーズンじゃないですしね。

身が小さくても食べ放題なんですから、さして問題はありません笑

昔から、大好きなものを愚直に死ぬほど食べたいという欲求がありまして。

最近でこそ食に対する執着が薄れてきたのですが、牡蠣だけは一度お腹いっぱい食べてみたかったのです。

牡蠣といえば、19世紀統一ドイツ初代首相のオットー・フォン・ビスマルクは、一晩に生牡蠣を175個も食べたというお話がありますが、できれば50個でいいので、私も生牡蠣をたらふく食べてみたいです……。

という次のステージに胸をはせつつ、大満足でした。(最後は私しか食べてませんでした笑)

matsushima02

 

時間の都合で、遊覧船には乗れませんでしたが、松尾芭蕉気分を少しだけ味わって、東京へ。

 

また金曜日一日だけ働いて、三連休に突入。

なんだか全く働いていなかった週でした笑

 

昨日は、職場の同僚たちと、川崎工場夜景屋形船クルーズなるものに行ってきました。

「工場萌え」なる言葉があるようですが、まさに工場っていいよね!を感じに行く屋形船の時間。

ちなみに私はそういう属性はないのですが、単純に屋形船に乗りたかったし、夜の海の上を滑るなんて素敵じゃないかと、行って参りました。

スタディ・ツーリズムというくらいですので、きれいですねー、だけで終わらない。

終始きちんとした歴史や工場機能の説明を聞きながらのクルーズ。

みんな写真に夢中であまり聞いてはいない様子でしたが、ちょこちょこと耳に飛び込んでくる情報は、なかなかに新鮮でためになるものでした。

途中で甲板に出ることも出来て。潮風でベタベタになりながらも、真っ暗な海とそこに淡く浮かび上がる工場の光は、秋の夜長の夢みたいでした。

個人的には、夜景よりも、船が楽しかったのですが。

 

夜の海、その引力を考えながら、少しみんなとご飯をして、池袋へ。

新海誠さんの作品をオールナイトで鑑賞するというイベントへ向かいます。

そう、これが本番です。

そのお話は、また別のスペースで。