帰省しながら色々考えました、というお話。

9月は三連休が二回もあるという素敵な月なわけですが、先週金曜の夜に新宿を経ち、二泊三日で帰省させて頂きました。

昨日深夜のバスで再び東京へ戻り、只今職場におります。

 

今回の帰省の目的は、家族的なサムシングについて兄妹でお話するためだったりするのですが、詳細は割愛します。

私は東北・秋田出身なのですが、その中でも「県南」と称されるエリアがふるさとです。

農家が主産業の田んぼばっかりの田舎町。ただ、面積はすごく広かったりします。

すごく有名な盆踊りと、蕎麦が美味しいところです。

昔は2万人いた気がするんですが、もうだいぶ人が減って、昨日なにげに調べたら、もう1万5千人の人口みたいです。

駅はありません。路線バスは需要がなさすぎて、随分とダイヤが少ないのですが、これも私が高校生だった頃から比べると更に縮小しているみたい。

 

特に用事は一つしかなかったので、猫と戯れたり、ゆっくり本を読んだり、花火を見たり、友達とBBQをしたり、のんびりさせて頂きました。

 

お仕事を辞めた後、フリーランスとして生きていくつもりなのですが、最初数ヶ月、実家に帰ろうかな、なんて考えています。

よく考えたら、上京してこの方、一週間以上休んだこともないし、すこし気分的に休んでみるのもありだなー、なんて。(もちろん仕事するんですけどね)

それに、家族のことがありますので。

 

そんなこんなで、「この街で暮らすとしたら?」ということについて、考えた三日間でした。

 

友達は随分と結婚していて、この土地に残った人達なわけですが、若者はどんどん減っています。

それはしかたがないんだろうなぁ、とやっぱり思います。だってなんにもないんだもん。

これは文句ではなくて、何も私のふるさとだけの問題ではなく、こういう街はたくさんあるんですよね。

ゆるくゆるく、傾いていくように、人が少なくなっていく。

眠るように、静かに、先細っていく。

 

では、いわゆる「町おこし」の必要性はあるのか?

そもそも町おこしってなんなのか。

結局は問題意識があるかないか、現状に満足しているのかどうなのか、なんですよね。

不満があるから変えようとする、危機感があるから手を打とうとする。

私のふるさとにそれがあるんだろうか、と考えました。

 

幸い私のふるさとには、先程も話した有名な盆踊りという、観光資源があります。

人口は本当に減ってしまいましたが、それでも財政的には黒字という話を聞いたことがある気がします。(裏は取ってませんが)

この盆踊りを使って、何かもっとすることは出来るんでしょうが、これから革新的に新しいことが生まれてくるような気配は感じません。

それは、ハンドリングしている人達に若者がいないという根本的な問題もある気がするのですが、何よりも「伝統を守る」「新しいものが入ってくることを拒む」という面と、それを「観光化、商品化」するという相反する思想の元、この盆踊りが運営されているからな気がします。

変わらないことが素晴らしいというのも分かるのですが、変わり映えものをずっとずっと、「良い」として享受してくれるほど、消費者って優しくないよね、と私は思うのです。

まぁ、変わってきてもいるんですけどね、盆踊り。でもそれは意図した変化でなくて、どちらかというとあまり歓迎できない変化、のようですが。

私が思うのは、「観光化」しようと思った時点で、もっと割り切った視点って必要なんじゃないかな―ってことなんですけどね。

 

もうひとつ思ったのは、「IT」でした。

情報の発信、享受において、今や欠かせなくなった感のあるインターネットと、それに伴う技術ですが、当然ながらそういうものに対するリテラシーは低いし、興味もないんだろうなと。

無理はありません。「ネット」はこの土地を多く占めるご年配の方にとって、元々存在しなかった、そして使えなくてもさして問題ないものなのですから。

人って、変わることを嫌がりますし、ね。

 

なんかそれならそれでもいいんだろうな、って思うのですが。

この土地にいる、若い人はどうなんだろう?と。

この土地を選び、骨を埋めることを選んだ同年代にとっては、やっぱり刺激がなさすぎる気はします。だって若いんだもん。

そしてその子どもたち。残ることを選ぶにしろ、出て行くにしろ、青春時代を彩るアイテムがもう少し合ってもいい気がします。

少なからず、それがうまれてくるような土地の元気は、残念ながら感じません。

 

それが「IT」とつながるかどうか、というと一概には言えませんが、私は今そういう会社に努めているわけで、例えば私が何かするとしたらそういうことなんだよなーって。

取り敢えず、母校のHPを見て、何年前のデザインだよ……と気分が暗くなったのが最たる原因です。

それこそ、ネットリテラシー講座とか、中高生にしてあげたいなぁ、私なんかで良ければ。

なんて思ったりしながら、今日からまた東京生活。

 

ふるさとは好きですが、だから何か使命感があってこんなことを考えたわけではないんですが笑

でも「やれることがあって、それを行動に起こすことも多分出来る」という感触は、これからフリーになろうと思っている私には、大事な感触でした。

 

さーて、お仕事しますか。


帰省しながら色々考えました、というお話。」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ここ数日、のお話。 | あおいはる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.